ホーム

記事一覧

RSS

大分の中学教諭、公務災害を認定 「何かあればPCを」

 大分県の公立中学校で2014年、校内で倒れた後に死亡した女性教諭(当時46)について、地方公務員災害補償基金大分県支部が、民間の労災にあたる公務災害と認定した。県教育委員会などへの取材でわかった。長時間の時間外労働が原因として、遺族が公務災害を申請していた。 県教委や同支部によると、教諭の勤務先は当時、臨時講師を含めて教員10人の小規模な中学校だった。教諭は国語を担当していたほか、学年主任とバレ...

続きを読む

災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ

 環境省は早ければ今秋にも、災害時のペットの保護や飼い主の責任を定めたガイドラインを改訂する方針を固めた。昨年4月の熊本地震の教訓を踏まえ、自治体にはペットをほかの被災者と分けて保護すること、飼い主らには避難所以外の預け先も確保しておくよう求める見通しだ。 東日本大震災後の2013年、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を初めて策定した。ペットが逃げ出して防疫上の問題になったほか...

続きを読む

「日本は地震予知できぬと認めよ」 学者が科学誌に論考

 日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ――。こう題した論考が英科学誌ネイチャーに18日、掲載された。東日本大震災から6年を経ても、科学的根拠が乏しい地震予知や長期予測に頼っているとして、防災政策を改めるよう促している。 筆者は米国生まれで、今年3月で東京大教授を退職した地震学者のロバート・ゲラーさん(65)。1984年に来日して以来、日本の地震研究が地震の予知に偏っていることに疑問を抱いて...

続きを読む

第1報から避難勧告 北ミサイルめぐり政府、Jアラートの運用見直し

 政府は9日、北朝鮮の弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合に出す全国瞬時警報システム(Jアラート)のメッセージについて、第1報の段階から避難を呼びかけるよう改めたと発表した。従来は領土・領海に落下する可能性が判明した場合にだけ、第2報で避難を求める運用だったが、避難呼びかけのタイミングを前倒しした。 これまでの第1報は「ミサイルが発射されたもようです。続報が入り次第お知らせします」と続報を...

続きを読む

<北朝鮮避難民>対策本格化 政府、テロリスト入国防止

 政府は、朝鮮半島有事が発生した場合、北朝鮮から大量の避難民が日本に流入する恐れがあるとして本格的な対策の検討に入った。最大数万人の避難民が船で日本海を渡ってくると想定し、日本海側に数カ所、拠点となる港を選定。上陸時に身元や所持品を調べ、北朝鮮の工作員やテロリストの入国を防ぐ方針だ。北朝鮮が韓国を攻撃した場合は韓国からも避難民が来ると想定し、臨時収容施設の設置計画を検討する。  北朝鮮からの避難...

続きを読む

北ミサイル、どう身を守る 情報を見極め/地下街へ避難/地面に伏せる

 朝鮮半島をめぐる緊迫感が増す中、日本に影響が及びかねない有事が万一起きた際に身を守る方法を、確認しておくことは大切だ。識者は確度の高い情報が提供される必要性を指摘している。 北朝鮮によるミサイル発射が確認された場合の避難先について政府の担当者は「堅牢(けんろう)な建物。理想は地下街」とするが、自然災害のように避難場所が定められているわけではないため、混乱も予想される。 政府の担当者によると、周囲...

続きを読む

「国の本音が出た」自主避難者ら、復興相発言に反発

 今村雅弘復興相が、東京電力福島第一原発事故で今も故郷を離れたままの自主避難者について、「本人の責任」などと発言した問題で、自主避難者からは反発する声が上がっている。 「自主避難者を切り捨てたい、国の本音が出た」と福島県いわき市から前橋市に避難している丹治杉江さん(60)。国や東電の責任を認めた前橋地裁訴訟で、原告の一人だ。 国と福島県は3月末、避難先での住宅の無償提供を打ち切った。発言はこうした...

続きを読む

雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒

 登山講習中の高校生ら8人が死亡した栃木県那須町の雪崩事故で、犠牲者らとともに生き埋めになり、救出された県立大田原高校の男子生徒(16)の父親が朝日新聞の取材に応じ、「息子は口の周りの雪を食べて呼吸できるようにした」と当時の状況を証言した。 県教委によると、雪崩は3月27日午前8時半ごろ、スキー場近くの尾根上にある通称「天狗(てんぐ)の鼻」の大岩付近から発生した。55人が5班に分かれて参加し、1班...

続きを読む

雪崩発生は予見できたか 残る3つの謎…県教委も検証作業へ

 栃木県那須町のスキー場で高校生ら8人が死亡した雪崩事故は、県警の捜査が本格化した。業務上過失致死容疑での立件に向け、今後の捜査でポイントとなるのは、講習会の責任者らが雪崩をどの程度予期できたかという「予見可能性」だ。その解明に向けては、いくつかの謎が残されている。県教委も第三者による検証委員会を設置、4月上旬にも検証作業を開始する。 誰が訓練提案? 謎の一つは、登山の中止を決めた後、誰が雪の中を...

続きを読む

栃木スキー場雪崩 「まだ目を開けそうだけど冷たく…」 浅井譲さんの父、声を震わせ

 雪崩の犠牲となった県立大田原高2年の浅井譲さん(17)=栃木県那須塩原市=の父、慎二さん(47)は早すぎる息子の死を悼んだ。 自身も登山が趣味だったという慎二さんは小学生だった譲さんを連れて、よく2人で県内の山に登った。今回の講習で登山予定だった茶臼岳(同県那須町)にも行ったことがある。 譲さんは中学校ではバスケットボール部に所属したが、高校入学を機に山岳部に入部。慎二さんには特に相談もなく、「...

続きを読む

担任ら、生徒に謝罪=原発避難いじめ―横浜

 福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒が、いじめを受けて不登校になった問題で、市教育委員会は24日、いじめを受けていた当時の小学校の校長や担任ら5人が生徒と両親に面会し、初めて謝罪したことを明らかにした。 市教委によると、面会は3時間で、当時の校長と副校長、小学4、5年時の担任ら5人が出席。生徒は小5の時、同級生らにゲームセンター代を払わされるなどした。担任は「SOS...

続きを読む

断崖絶壁の国宝を救え 地震で参拝道に亀裂、寄付募る

 昨年10月に鳥取県中部を襲った地震で、断崖絶壁に立つ三仏寺(さんぶつじ、同県三朝〈みささ〉町)の奥の院・投入堂(なげいれどう、国宝)への参拝道に亀裂が入り、参拝できない状態が続いている。参拝道の修復に時間も費用もかかるため、三仏寺は4月に迂回(うかい)路を整備する方針を決め、寄付を募り始めた。 投入堂は標高約500メートルにあり、三徳山(みとくさん、標高約900メートル)のふもとの三仏寺本堂付近...

続きを読む

原発避難訴訟、国に賠償命じる判決 「予見可能だった」

 東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。判決は津波の到来について、東電は「実際に予見していた」と判断。非常用ディーゼル発電機の高台設置などをしていれば「事故は発生しなかった」と指摘した...

続きを読む

〔地震〕福島県田村市・浪江町で震度4、津波の心配なし

 12日午前4時57分ごろ、東北地方でやや強い地震がありました。 気象庁によりますと、震源は福島県沖、深さはおよそ50キロで、地震の規模を示すマグニチュードは5.3と推定されます。この地震による津波の心配はありません。※引用元:福島県田村市・浪江町で震度4、津波の心配なしhttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3003108.html管理人の反応(# ゚Д゚) ムッカーネットの反応★安倍が「もう6年経っちゃって節目を越え...

続きを読む

宮城、福島で震度5弱 津波の心配なし

 午後4時49分ごろ、宮城県と福島県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。 午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震がありました。震源の深さは52キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています。津波の心配はありません。※引用元:宮城・福島で震度5弱、津波の心配なしhttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2994670.html管理人の反応ヽ(#`Д´)...

続きを読む

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: