ホーム

記事一覧

RSS

将棋の郷田王将が「二歩」 公開対局で痛恨の禁じ手


 将棋の郷田真隆王将(45)が3日、札幌市での佐藤天彦名人(28)との公式戦で禁じ手である「二歩」を指し、反則負けとなった。タイトル保持者の反則負けは極めて異例。

 この対局は、ファンの前で公開で指される「日本シリーズ・JTプロ公式戦」のトーナメント2回戦。郷田王将が優勢で終盤戦を迎えたが、105手目に指した▲6三歩が二歩だった。

 「二歩」は、同じ縦の列に歩があるのにさらに歩を打つことで、禁じ手の一つとなっている。

 郷田王将は王位、棋王、棋聖などのタイトルを獲得した経験があり、今年1~3月の王将戦七番勝負では羽生善治三冠(45)の挑戦を退けてタイトル初防衛を果たした。今月1日には、結婚したことを発表した。

※引用元:

将棋の郷田王将が「二歩」 公開対局で痛恨の禁じ手:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJ935QZLJ93UCVL005.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 懐かしい~何十年ぶりかで聞いた~アマチュアの場合双方気づかずにそのまま進んでしまうこともあるだろうが、流石にそれは無かったんだ。三歩とか見てみたい気もする。
  • まぁ、人間ですからね。だから、人間vs人間が面白い。コンピューター戦でコンピューター側はこんなことをやらないから。
  • トリビアの泉でも昔取り上げられてましたけど、やっぱり緊張か一瞬の気の緩みなんでしょうか…?
  • このニュースをで、橋本八段がNHK杯でみせた衝撃の「二歩」映像をすぐ思い出した人は自分だけではないはず。
  • チェスみたいに禁じ手を負けじゃなく指し直しにすればいいのにっていつも思うけど、伝統ってなかなかそうもいかないのかな。












































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: