ホーム

記事一覧

RSS

<石破氏>「ようやく動き始めた」…ポスト安倍へ存在感


 8月の内閣改造で閣外に出た自民党の石破茂前地方創生担当相が、安倍政権の課題に踏み込んで発言する場面が目立っている。「ポスト安倍」の有力候補と目されながら最近は存在感がいま一つだっただけに、周囲は「ようやく動き始めた」と期待している。

 石破派は4、5両日、神奈川県小田原市で初めての研修会を開いた。同派からただ一人入閣した山本有二農相は冒頭で「集団の中にリーダーがいることが大事だ。石破会長は何がどうあろうが出馬すべきだ」と次期党総裁選に向けた結束を呼びかけた。ほかのメンバーからも賛同の声が相次いだ。

 同派が懸念するのは、党内で浮上している安倍晋三首相の総裁任期延長論の行方だ。2018年9月までの任期がさらに延びれば、石破氏は政権戦略を描きにくくなる。

<以下省略>

※引用元:

石破氏:「ようやく動き始めた」…ポスト安倍へ存在感 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160906/k00/00m/010/076000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 「(任期を)3年延ばしたとしても、総裁選をやらないという話ではない」と述べ、次期総裁選で首相と対決する決意をにじませた。 「当選の可能性が高いなら、公認にならない理由はない」と若狭氏を後押しし、党執行部をけん制した。 !
  • 先の野田聖子もそうだが、どうも国をどうするかって考えた結果というより私益や出世欲、自己顕示欲からの動きに思えて、簡単には支持出来ない。
  • 自民党議員や支持者は良心を持たないサイコパスだらけ。性犯罪被害者の元慰安婦を侮辱して平気で居る。お前ら人間じゃない!
  • 山本有二農水相のような、パチンコ議員。サラ金献金の議員のようなのが、石破氏を祭り上げ、延長認めないと騒ぎ立て、毎日新聞が取り上げる時点で、裏を感じる。党内を壊したくて仕方ない輩達<石破氏>「ようやく動き始めた」…ポスト安倍へ存在感
  • まだ、鳥取県のじじばばを騙して生き残りたいのか? 鳥取県に金を持って帰ってインフラの整備でもしてみろ? 田中角栄みたいな政治家は出てこないものか?

















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: