ホーム

記事一覧

RSS

石破氏:ゴジラを攻撃した戦車はどこから来たか


:小泉内閣時代、私は防衛庁(現防衛省)の長官を拝命しておりました。当時、北朝鮮のミサイル実験や不審船・工作船の銃撃事件などが起きました。そうなると国民からは「北朝鮮、討つべし」という世論が盛り上がる。国会答弁で、ある議員から「防衛庁長官、日本は北朝鮮と戦ったら勝てるのか?」と質問されたことがありました。

 私は「北朝鮮に負けませんが、勝てません」とお答えしました。その意味するところは、自衛隊は陸も海も空も対外勢力からの攻撃を排除する能力は持っている。日米安全保障条約が発動して、日米共同体制で応戦することもできる。だけど、大変申し訳ないが、我が陸上自衛隊も、海上自衛隊も、航空自衛隊も、自衛隊だけで北朝鮮を攻撃するための能力は持っておりません。

 そう答弁するとですよ、「一機100億円もする『F15』を200機も持っているのに何事だ」となる。たしかに一機100億円でございますが、それは(領空に入ってくる)敵の航空機を排除する能力を与えられているのであって、北朝鮮まで飛んでいって、向こうのミサイル基地を叩く能力なんて持っていない。

 そもそも、今のままではどこに基地があるのかも分からない。飛んでいったら向こうの戦闘機だって応戦してくるでしょうし、対空ミサイルだって上がって来る。それを避けるために飛行すると、通常の水平飛行と比べて燃料消費量がものすごく多くなる。そうなると空中給油機を十分に持っていないと、そんな作戦は指示できないんですよ。当時、航空自衛隊は空中給油機を2機しか持っていませんでしたから。

<以下省略>

※引用元:

石破氏:ゴジラを攻撃した戦車はどこから来たか

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/083000015/090600008/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • ちなみにこの人は農水族で、軍事は本来「マニア」で、そのうえハト派ですから。 はっきり言うが、このリアリストが首相になったら日本の危機?は去るかもしれないけど、野党は壊滅の危機ですぜ。
  • 自分自身自民党の支持者ではないですが、石破氏の話は現実的と感じます。 最終的には防衛費増ですけどね。 ただ、それでも良いとは思ってます。自分や家族の命が保障されるなら。
  • 普通に戦車トランスポーターで運んだんじゃないの? 10式は74式の代替なんだから本州に配備されてるでしょう? 近場だと教導団あたりから持ってこれるだろうし。90式と10式を混同してない?
  • …後で石破氏もフォロー入れてるけど、庵野氏の作品で「あんな大量の物資をどこからどうやって持ってきたか」を考えてたら楽しめないような気がする。「エヴァ」のヤシマ作戦なんかもそう。
  • 「私が長官2年目の頃だったか、広報課長が私のところにやって来て、「亡国のイージスの映画化で自衛隊に撮影協力の依頼があったので断りました」と言ったのです。あぜんとしましたよ。」




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: