ホーム

記事一覧

RSS

民進・岡田代表 首相との議論は「徒労感」 最後の記者会見で恨み節全開


 民進党の岡田克也代表は8日、代表在任中最後の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)への恨み節モードを全開にした。「安倍首相とかなり議論してきた。国民の前で真摯(しんし)に正面から議論するのが、政治家に託された最も重要な役割だが、がっかりすることが多かった」と述べた。

 岡田氏は、安倍首相との党首討論などを念頭に「こちらはかなり準備をして、考え抜いて、質疑しているわけだが、まともに答えが返ってきた試しはほとんどなかった」と指摘。「こういうことが続くと、議会政治が形骸化する。国民にも伝わらない。決して健全なことではないので、新しい代表と真摯に向き合い、国民の前で議論してもらいたい」と注文を付けた。

 また、旧民主党代表を務めた平成16~17年に当時の小泉純一郎首相と論戦した過去を引き合いに「小泉氏と議論しているときは、いろいろ驚かされることもあって、楽しかった」と振り返る一方、「今回(の安倍首相との議論)は徒労感。世の中にどれだけの意味があったのかをいつも自問するやり取りだった」と吐露した。

※引用元:

民進・岡田克也代表 安倍晋三首相との議論は「徒労感」 最後の記者会見で恨み節全開

http://www.sankei.com/politics/news/160908/plt1609080034-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 民進党は相変わらず迷走し続けているが、岡田代表を筆頭に幹部連中が押し並べて程度が低い、何の政策も考えもない。馬鹿集団。
  • ◆あまりに馬鹿げた非論理と唯我独尊の質問(アンタの)に見ている国民も辟易してた、、、もう引退されたらいかが?
  • 国会をクイズ番組にしたり、週刊誌の記事を問いただしたりするあんた等の方が見てると疲れてるのよ。
  • 「山、高ければ 谷、深し」(政権交代の期待が大きかった分、その失望もまた甚大なりかな?)by 谷底の論理(笑)
  • ◆岡田氏は自分がこれまで投げてきたブーメランが突き刺さったままで脳がズタズタなんだと思う。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: