ホーム

記事一覧

RSS

アップルに危機感…「0円販売」克服へ日本仕様 「他社チップの採用は異例」


 総務省や公正取引委員会が通信会社に「iPhone(アイフォーン)」を優遇する商習慣の是正を求める中、米アップルは日本仕様の電子決済サービスが利用できる「7」と「7プラス」を投入したことは、好調な国内販売を維持する狙いがありそうだ。

 アイフォーン販売が世界的に失速する中、2016年4~6月期の地域別売上高は日本だけが増収だった。好調な背景にはアイフォーンに高い販促費をつけてきた通信会社の商習慣がある。

 アップルは通信会社と一定数のシェアを販売する契約を結んでいる。このため、通信会社は高額なキャッシュバックがある「実質0円販売」などの施策を取ってきた。適正な競争環境をつくりたい総務省や公取委は今年に入り、この商習慣の是正を通信会社に求めている。

 こうした動きに危機意識を強めたのか、アップルはフェリカネットワークス(東京都品川区)と秘密保持契約を結び、3月から電子決済サービス「アップルペイ」を日本でも利用できるように準備を進めてきた。

<以下省略>

※引用元:

アップルに危機感……「0円販売」克服へ日本仕様 「他社チップの採用は異例」 (1/3)

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1609/09/news078.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 世界で唯一のドル箱の日本市場に完全に寄せてきた印象。防水とFelicaはほしい人にはすごく助かる機能。
  • 金額面での優遇が無くなればブランド名に踊らされる人以外は冷静な判断が出来るようになるだろう。通信費も公平に頼んます。
  • 決済機能の追加で利便性が高まり、一定数のニーズはある」と分析する。ただ、国内のスマホの約5割はアイフォーンで市場は成熟化しており、爆発的に伸びない 同感。
  • 国が余計な介入を行うことが、かえって消費者の不利益に繋がるという皮肉な現象。
  • 0円販売は、ユーザーにデメリットは無い。やるなら基本料、通信費等を値下げする必要あり。





































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: