ホーム

記事一覧

RSS

台風警戒情報は町長に伝わらなかった…大混乱の岩泉町役場 まずい対応が被害拡大?

 台風10号による大雨で小本川が氾濫した岩手県岩泉町では、9日になっても行方不明者の捜索が続いている。町内の死者・行方不明者数は22人。これほど被害が拡大した原因は何だったのか。台風が襲った8月30日を振り返る住民や職員の証言から見えてくるのは、予想できないほどの急激な増水と対応力に欠けた町役場の姿だ。雨の水で崩れやすいという岩泉町周辺の地盤の特徴も絡んでいるとみられ、台風が直撃すれば東北地方では同様の事態が起こり得ると有識者は警戒している。

人のいない避難所

 「午後4時ごろまで10人前後しかいなかった。午後6時ごろ、足元が泥んこになった人たちが300人くらい一気に押し寄せた」

 町内で最多の200人以上が避難生活を送る町民会館の責任者、三上訓一さん(49)はそう振り返る。台風10号が接近していた30日午前9時、町は高齢者など早期の避難が必要な人に避難を促す「避難準備情報」を発令。6カ所で避難所が開設されたが、人口の約半数に当たる4500人が暮らす町中心部の岩泉地区ですらそんな状況だった。

<以下省略>

※引用元:

【台風10号】警戒情報は町長に伝わらなかった…大混乱の岩泉町役場のまずい対応が被害を拡大させた?

http://www.sankei.com/affairs/news/160911/afr1609110001-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 確かに町役場の対応はお粗末。防災担当の職員が全然足りない。しかし自分の命は自分で守るのが鉄則。避難勧告を発令してもどうせ避難しないでしょ?
  • 天才は忘れた頃にやってくる。 伊達町長、非常時にはコミュニケーションが取れなくなるもの。そういう想像力が足りない点が、あなたの欠点だ。
  • 未曾有の水害に限らず、「この地域では」という限定的な思考が結果的に被害を拡大することにもなる。
  • 見直す方針なし!?水位で警報なら、変化率とか、その予測は不要と?地質ぐちゃぐちゃエリアなのに>台風警戒情報は町長に伝わらなかった…大混乱の岩泉町役場
  • 岩泉で聞き取り取材してない感がする。遠目で見ているかの素人記事。掘り下げたい所を考えてない。

















関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: