ホーム

記事一覧

RSS

「国」を否定・軽視する民進党、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている (1/4ページ)


 民進党の代表選に立候補している蓮舫代表代行の日本国籍と台湾籍との「二重国籍」疑惑と、それに対する同党の極めて薄い反応をみると、旧民主党のDNAが色濃く受け継がれているのを感じる。党の体質やあり方は、党名を変更したぐらいではそうそう変わるものではないのだろう。

 鳩山元首相そっくり

 蓮舫氏の疑惑の細かい検証は他記事に譲るが、本質は個人が特定の国家に所属していることを示す「国籍」への軽視にある。蓮舫氏自身もそうだが、疑惑発覚後も代表選の他候補も含めて特に問題視せず、蓮舫氏優勢も動かないという民進党は異様に思える。

 「国というものが何だかよく分からない」

 「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」

 民主党政権で初代首相を務めた鳩山由紀夫氏はかつてこう言い放ったが、蓮舫氏の二転三転する説明は、「国籍というものが何だかよく分からない」かのようである。

<以下省略>

※引用元:

「国」を否定・軽視する民進党、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている  

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160910/mca1609101712001-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 【阿比留瑠比の極言御免】「国」を否定・軽視する民進党には、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている とにかく民進党は韓国人ファーストですから。中韓帰化議員の祖国の為の政治。日本人の為に働かない日本国を軽視した税金泥棒集団ですから。
  • 『【阿比留瑠比の極言御免】「国」を否定・軽視する民進党には、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている』政権交代したら日本がなくなる気がして民進党を信頼できないのは確かかな。たぶん、党員全体の問題だと思う。
  • 世代にもよるのだろうけれど日の丸も君が代も完全に体内に吸収され同化された我々の世代は蓮舫議員の問題はそんな大問題だとは思わない。 【阿比留瑠比の極言御免】「国」を否定・軽視する民進党には、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている
  • 名を変えても中身がそのままだからなぁ。自浄作用も見えない。 外国籍があると議員の資格が無い様な話も聞くがだらしがない政治家は 去るべき 【阿比留瑠比の極言御免】「国」を否定・軽視する民進党には、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている
  • クソまずくてサービス悪い飲食店が、イメージ変えよう!って看板かけかえてても、出されるメニューが前の品質と変わんなきゃ、 そりゃねぇ。 【阿比留瑠比の極言御免】「国」を否定・軽視する民進党には、やっぱり民主党DNAが色濃く流れている




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: