ホーム

記事一覧

RSS

猪木氏「ぶっ飛ばしてやる」帰国後の入管で別室行き

 アントニオ猪木参院議員(73)が13日夜、北朝鮮への訪問を終えて帰国し、東京・羽田空港で会見を開いた。

 猪木氏は10日に朝鮮労働党本部で、同党国際部門を統括する李洙■(リ・スヨン)副委員長と約1時間半会談した。その中で、9日に5回目の核実験を行ったことについて、李氏から「核実験は日本に向けてのものではなく、米国に対して我々の国威を示そうとしたもの」と説明されたことを明らかにした。

 猪木氏は8日に平壌入りし、北朝鮮の建国記念日の9日に行われたレセプションに参加。そこで李氏に加え、北朝鮮ナンバー2の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長らと対面。12日には、戦後に北朝鮮に渡航した日本人妻3人と面会したという。

 今回の訪朝については、4月の平壌マラソンのスターター役を、国会の会期中のため断念したことのおわびと、「人の流れを絶やさない」という基本を貫く意図があったと説明した。

 レセプションでは金正恩党委員長から「この時期に、よくいらっしゃった。ありがとうございます」とのメッセージがあったという。金正恩氏は現在、酒は飲まないという。

 取材陣からは、北朝鮮の核実験や弾道ミサイルの件について質問が集中した。猪木氏は「北朝鮮に抗議の意志を示したか?」と聞かれ「抗議というより『この時期になぜ? 核実験を行った目的は何なのか?』と単刀直入に質問した。『(核実験は)日本に向けたことじゃない。安心して下さい』と言っている。通常の流れの実験だとも説明があった」と答えた。

 拉致問題について聞かれると「制裁が最優先なので、できるだけ触れないようにした。ただし、同僚の議員が深く切り込んだ話をした」と、同行した日本維新の会の松浪健太議員が話をしたことを明かした。そして「今後、進展する方法をどうすればいいかと。今の状況は制裁。(北朝鮮側では)日本に問題があるのではないか、という話だったと思います」と語った。

 今回は14年8月以来2年ぶり31度目の訪朝で、スポーツ交流が主な目的だった。この日は、会議室に入るなり、いつも通り「元気ですか~!!」と絶叫したものの「あまり元気ないな」と苦笑い。帰国後の入管の段階で、別室に連れて行かれたといい「出てくる時にも。小ざかしいというか、嫌がらせというか。あの人たち(職員)に罪はないが、腹が立つ。現役だったら、ぶっ飛ばしてやる」と怒りを漏らす一幕もあった。

<以下省略>

※引用元:

猪木氏「ぶっ飛ばしてやる」帰国後の入管で別室行き - 社会 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/general/news/nikkan/1709358.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • ミサイルの件、どこに向けたかという問題では無い。スポーツ選手上がりに政治をさせた頭の軽い日本国民の罪と認めざるを得ない。次回も誰かが知名度で投票する。
  • こういうのを見ると、日本政府は甘すぎると改めて思う。出国させなければ良かったのに。外務省の権限で。テロ警戒や情報戦では当たり前でしょう。
  • 国家ぐるみで誘拐やってる反日テロ国家に、のこのこ行った議員の取り調べは普通やるだろ。
  • どうもこうもない、ダメでしよ。 個人的には知りませんが、参画するほどゲリラやテロ、反国まがいの言動は、 それこそ何故今必要?
  • 殆どの人はあんたの行動をスタンドプレーと見てるよ。 それでも独自のルートを持つのは悪いことじゃないな… だから、国益になるような何かしらの結果を出せば?




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: