ホーム

記事一覧

RSS

所得税、基礎控除見直しへ 政府税調、低所得者の負担減

 政府が全ての納税者に適用される所得税の「基礎控除」について、高所得者ほど減税の効果が大きいとして見直しを検討していることが13日、分かった。非正規雇用の拡大などで家族を養う経済的余裕がない若年層が増える中、低所得者の税負担を軽減し、高所得者に一定の負担を求める方向で、減税額を一定にする案や所得制限を設ける案が浮上している。

 政府税制調査会で、専業主婦世帯などの所得税負担を軽くする「配偶者控除」の見直しとともに議論する。平成29年度税制改正に向け、11月にもまとめる提言に見直しの方向性も盛り込む方針だ。

 所得税の基礎控除は、年収から38万円を差し引いて課税対象額を軽くする仕組み。ただ、課税対象額を減らした後に、所得額に応じ5~45%の累進税率をかけて納税額を計算するので、基礎控除によって減税額は税率が高い高所得者ほど大きくなり、「金持ち優遇」との批判があった。

<以下省略>

※引用元:

若い低所得層の税負担軽減へ 政府税調が所得税の基礎控除見直しを検討 

http://www.sankei.com/economy/news/160914/ecn1609140001-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • *政府税調が国民目線に転換?これまで主婦の非課税枠撤廃を提起したのは何?高所得者の負担増は良いが低所得者が題目通り負担減かは?題目と中身が逆は官僚の得意技だから・・。
  • これ年収600、700万層が高収入扱いで増税とか嫌な予感。年収2000万以上で増税は理解できるけど。中間層を年収200万とかの非正規社員と比較し高収入扱いするのはオカシイ!
  • 富の再分配は本来中道から左派の政党から出てくるべき話なのだが、現実の左派は極左指向なので、全部与党頼み。
  • うわー、どうなるんだろう。何だかんだそれらしい理由をつけて、低所得者は横ばい、高所得者が増税になるという結果になるように調整してるんだろうな。気分が暗くなる…
  • 専業主婦という言葉、社会的な大きな役割自体を誰も理解していないのか。とりあえず会社行って、子供預けて、時間がきたら帰るという母親より、役立っている人も沢山いる。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: