ホーム

記事一覧

RSS

<民進党>蓮舫新代表「相手は巨大与党」 対決姿勢を鮮明に


 民進党は15日、東京都内で臨時党大会を開き、岡田克也代表の後任に蓮舫代表代行(48)を選出した。民主党時代を通じて女性の代表就任は初めて。蓮舫氏は1回目の投票で過半数を獲得し、前原誠司元外相(54)と玉木雄一郎国対副委員長(47)を破った。選出後のあいさつで「私たちが向かうべきは巨大与党だ。批判ではなく提案力をもって戦い、選択してもらえる政党にしたい」と呼びかけ、自民党との対決姿勢を鮮明にした。

 任期は2019年9月末日までで、任期中に衆院議員の任期満了(18年12月)を迎える。次期衆院選は蓮舫体制で戦うことが想定され、党勢の回復が課題だ。蓮舫氏は記者会見で26日召集の臨時国会に関し、「政府の補正予算案を精査し、このお金の使い方で本当にいいのか、選択肢を示すような国会論戦の準備に入る」と強調した。

<以下省略>

※引用元:

民進党:蓮舫新代表「相手は巨大与党」 対決姿勢を鮮明に - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160916/k00/00m/010/032000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • この党、完全に終わったな。 仕訳で日本の国力衰退をさせ、二重国籍の政治家と言う絶対にあってはいけない問題もお構い無しの人間が代表って、呆れてしまう。駄目過ぎ。
  • なんにでも反対し、過去の失態には蓋をする。アホ集団のTOPに懸命な有権者が期待する事など無し。耳障り、目障りの極み!応援する輩は日本人じゃ無いんだろ?
  • 👿植木鉢の花木も植え替えの時は、古い根っ子は切りそろえて始末する。背後に日本会議構成員が居ては、自民と戦えない。
  • 蓮舫民進党単独で自公政権を倒せるか?今までの彼女の発言をみれば答えはNo。イメージ刷新だけでは自公には勝てない。
  • 与党の前に、相手は良識ある世論だ。性別を隠れ蓑に自分のウソを言い逃れようとする政治家を世間が許すと思うな。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: