ホーム

記事一覧

RSS

所得300万円以上に=年金強制徴収の対象拡大―厚労省


 厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げる。現在は年間所得350万円以上の滞納者に実施しているが、2017年度から300万円以上にする。国民年金保険料の納付率は60%程度で低迷している。保険料の滞納に厳しく対処し、納付率の向上を狙う。

 保険料の徴収を担当する年金機構は、滞納が続いた人にまず文書や電話、戸別訪問などで納付を求めている。このような要請にも応じない場合、一定以上…

※引用元:

年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC16H1B_Z10C16A9MM8000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • もう縦割り行政はやめて、国税庁と合併した歳入庁を作ってはどうか。徴収業務をあちこちの組織がやるのは非効率極まりない。
  • 年収250でも真面目に払ってた身としては是非にと言い辛い。ホントに貧困だったから。これやると同時に経済政策でもさっさと何とかしろ。
  • 強制徴収され取る身としては諦めてるからどうでもいい.この前の配偶者控除撤廃とのコンボでパートのおばちゃんたちから搾り取りに来た感じ?
  • 年金受給より生活保護のほうが高くなる行政に問題がある。これも縦割り行政の弊害か?
  • 意味分からん。若者から金巻き上げる前に高給取りの国家で働くお偉い方がテメーの給料差し出せ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: