ホーム

記事一覧

RSS

環状2号、五輪前の全通見通せず 市場問題で工程に乱れ


 東京都の築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転が延期となり、12月に予定されていた都道「環状2号線」の築地―豊洲間(約2・8キロ)の暫定開通が事実上不可能になった。2020年東京五輪・パラリンピックまでに全線開通する予定だったが、豊洲市場の盛り土を巡る問題も浮上し、間に合うかどうかは見通せない状況だ。

 環状2号線は、JR秋葉原駅(千代田区)近くから都心を半円状に進み、20年五輪の競技会場が集まる江東区有明地区に至る全長約14キロで、都が建設を進めている。このうち、終戦直後の1946年に計画された通称「マッカーサー道路」の虎ノ門―新橋間(1・4キロ)は14年に開通したが、その先の新橋―豊洲間(3・4キロ)が未開通のまま残っている。

 未開通区間の上にあるのが築地市場だ。都は当初、11月7日の市場移転を予定。移転から1~2カ月で、市場跡地に簡易な暫定道路を整備し、12月にも、すでに本体工事が完了している築地大橋を経て、豊洲大橋までを「暫定開通」させる予定だった。開通すれば、周囲の渋滞緩和や、都心と臨海部を結ぶ物流が円滑になる効果が期待された。しかし、小池百合子知事が移転延期を決め、盛り土問題が発覚。「見通しが立たなくなった」(都建設局)

<以下省略>

※引用元:

環状2号、五輪前の全通見通せず 市場問題で工程に乱れ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJ9L0GD3J9KUTIL02Z.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • この記事のスタンスと目的は何か。再確認としても今更に時点がずれている。工事利害関係者の意を汲んでのものと思わせてもしょうがない書きぶり。〆
  • 首都高の二の舞をする気でしょうか?リオを参考にして完璧なオリンピックを目指すのは止めましょう。なぜ、マスコミが道路に固守するのか理由が知りたい。
  • <あれやこれや、大変な事で・・・。 豊洲の土壌と水質検査結果は専門家に任せ合否を判断してもらうしかないな。それからじゃないと何にも決められないな。
  • 晴海通りの混雑緩和には効果あると思うけど、微妙な位置。でも、選手村をリセールするには必須なんだろう… むしろ大江戸線を分岐させて有明に繋ぐ方が住む人には便利?
  • 五輪で新国立競技場と選手村、競技会場などをつなぐ。都は市場跡地内に地下トンネルの出入り口や、トンネルの換気所などを設け、五輪前の全線開通を目指していた。 21日

















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: