ホーム

記事一覧

RSS

電通がネット広告で不適切業務 4年間で633件、2億3千万円 故意の虚偽報告も

 電通は23日、インターネット広告の掲載に関して、複数の不適切な業務が行われていたことが判明したと発表した。故意または人為的なミスによる未掲出や運用実績の虚偽報告などで、実態とは異なる請求書の作成、過剰請求も確認したという。不適切業務は約4年間で案件数633件、広告主が111社、金額が約2億3000万円に上る可能性があるとしている。

 電通ではこの事実関係がわかった8月中旬に社内調査チームを作り、調査を続けた。2012年11月以降のデジタル広告サービス全般について、22日までの調査を行った。不適切業務は(1)広告掲載期間のずれ(2)未掲出(3)運用実績の虚偽報告--が中心。未掲出は633件中14件あったという。

 電通では原因究明と対策、再発防止策を講じたうえで、「信頼の回復に向けて着実に実行していく」などとし、「深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

※引用元:

電通のネット広告「不適切業務」、4年間で633件2億3千万円 故意の虚偽報告も

http://www.sankei.com/affairs/news/160923/afr1609230014-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 電通は日本に不要。昔から 金、女、不義理の三拍子揃った超極悪ブラック会社。 で検索を!元はGHQが朝鮮人に熱狂させるために作った工作洗脳界。
  • 在日電通はやりたい放題なだけに叩けば埃しか出て来ない。電波を独占し偏向報道・印象操作・世論誘導で国民を洗脳していた電通の終わりの始まり。
  • 4年間で633件、2億3千万円 東芝問題なんかより遥かに悪質。 東芝は原価の付け替えだったが、電通は架空請求。後者は刑事罰の対象では?
  • 4年間で633件、2億3千万円 買いの建玉(同一株価でも未消化)が残っている。昼休みに事実は分かっていたので織込済。電通の規模からして影響も軽微か?
  • 電通も伏魔殿ですね! 宣伝料は高いし、企業の経営者子息を縁故採用し宣伝費を貪っています。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: