ホーム

記事一覧

RSS

アートと地方の危険な関係~「アートフェス」はいつまで続くのか?(貞包 英之)


ビエンナーレやトリエンナーレとしばしば呼ばれる数年ごとのアートフェスティバルが、地方や地方都市を舞台として、さかんになっている。

今秋にも、あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭や山形ビエンナーレ、岡山芸術交流、さいたまトリエンナーレなど数多くの開催が予定されている。

絵画や写真が美術館で展示されるだけではなく、野外インスタレーションや住民や観客の参加を求めるパフォーマンス的アートが国内外から地方や地方都市に観客を引き寄せているのである。

こうしたアートフェスティバルに対する筆者の立場をあらかじめ示しておけば、基本的には喜ばしいことと思う。

少子高齢化のなかで移動が減少し、経済の沈滞がみられ、モールを除けば新たな出店もまれな地方では、これまで以上にあたらしい出来事が少ない。そのなかでアートという「何でもあり」の余白をもった活動や表現は、地方に外部につながる窓を開くことで大きな意味をもつと考えられるのである。

ただし現状に完全に満足かといえば、腑に落ちないのは、①アートフェスティバルが国や自治体の支援を受け、多くの税金が投入されていること、さらにより本質的には、②そこで本当に「何でもあり」な活動が実現されているかという問題である。

税金の効率的使用を議論したいわけではない。アートが国や地域によって支えられ、それがそのあり方を変えられてしまうという事態のほうがむしろ気にかかる。

こうした問題は利害関係者ごとに異なる姿をみせるために、その是非は一筋縄では判断しがたい。それを少しでも解きほぐしていくために、アートフェスティバルが現在のように林立している経緯と歴史をまずたどっていこう。

その林立の源流を探れば、直接的には80年代なかば以降の企業メセナの拡大にたどり着く。

1987年のセゾン文化財団や、1989年のアサヒビール芸術文化財団設立を代表として、バブルのなか膨大な富を抱えた企業は、ひとつにはやっかみを回避するために、ひとつには広告戦略として、音楽を中心に芸術に支援を始め、それが1990年の「社団法人企業メセナ協議会」の発足につながった。

メセナ活動は地方企業にも飛び火したが、ただしバブル崩壊によって、一時停滞する。企業のメセナ活動費総額は、1991年度の253億円から1994年度の159億円まで急落し、2000年代なかばまで従来の規模に回復しないのである(「メセナ活動実態調査」)。

それを補い、芸術支援の新たなプレイヤーとして力を振い始めたのが、地方自治体だった。とくに平成の大合併に伴い拡大した合併市町村が、アイデンティティを補い、また地方経済の沈滞や公共投資の減少に対処するためにアートに期待を寄せたのである。

この意味でアートフェスティバルが、同時代に盛り上がりを見せる官製の「まちづくり」や「地域おこし」の一環としてあったことは否定しがたい。

道路や橋や学校などに対する高額のインフラ的投資が実質的に難しくなるなかで、より安上がりな投資として、アートによって地域のイメージをブランド化することが狙われる。

それがよくみてとれるのが、2000年に新潟県十日町周辺地域で始められた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」である。

十日町市、津南町、川西町、松代町、松之山町、中里村の合併が模索されるなかで、地域のアイデンティをまとめる文化事業が企画され、総合ディレクターを北川フラムとして、公的事業費3億1千万円が投下される(「第1回展(平成12年)総括報告書))。

田中角栄の時代にさかんになされたインフラ的投資では立ちいかなくなった地域に、イメージにかかわるより安上がりな投資が実施されたのである。

そうして始まったトリエンナーレは、第一回に16万3千人、2003年の第二回は20万5千人、さらに第三回には34万9千人を集めるなどの期待した以上の成果を収める。加えて2001年に始まり35万人を集めた「横浜トリエンナーレ」を成功事例として後追いすることで、日本各地でアートフェスティバルが開かれることになった。

<以下省略>

※引用元:

アートと地方の危険な関係~「アートフェス」はいつまで続くのか?(貞包 英之) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49691


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 「芸術と行政」を「個人と組織」と重ね合わせる限り議論は平行線になりやすいので、広告やデザインやエンタテイメントなどの資本主義に学ぼうぜというのがここ数年の考えだな。?」
  • 重要な歴史の整理と論点提示。が、農業の記事の時により強く思ったけど、貞包さんのこの連載は外在的というか、ある所与の(社会学的な?)議論の「事例」を描写してる感が強いんだよな。もちろん、外在的な形でしか見えないことも大事なんだけど。
  • 「町おこし」とやらで地方自治体から金引っ張ってきてるしょーもない糞邦画がうじゃうじゃ作られてるのは柳下毅一郎の皆殺し映画通信で知ったがアートフェスも乱立して行われてるとは…ここらへん誰かメス入れてくれないかな。癒着とか絶対あるだろ
  • 権力や資本やメディアの集まる「大都市」が地方を見出すという「承認」のゲームから抜け出し、みずからアートを発見し価値付けるフェスティバルの出現を夢想することは、本当にできないのだろうか。
  • 地元主導の芸術祭って稀なんだな。税金で呼んでもらった上で、普段反政府的な作品でアートと言ってる人らがどれだけそのままの作品を出し続けられるか。東京五輪も然りかあ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: