ホーム

記事一覧

RSS

首相、自民党改憲草案の撤回を拒否「撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」 民進・野田幹事長の代表質問で


 安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、民進党の野田佳彦幹事長による代表質問で自民党の憲法改正草案の撤回を求められ、「各党がそれぞれの考え方を示すことが大切だ。自民党草案を撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」と反論し、民進党こそ憲法に関する考え方をまとめるよう求めた。

 野田氏は質問で「民進党は現行憲法に足りないところがあれば、憲法を改正しようという立場だ」と述べ、憲法改正を忌避しない姿勢を強調した。

 首相はこれを受け、憲法改正について「最終的には国民投票で国民が決める。国会の憲法審査会という静かな環境で各党が真剣に議論し、国民的な議論につなげていくことが必要だ」と指摘。

 そのうえで「特定の党の意見への批判を繰り返し、取り下げを求めるのではなく、自らの考えをしっかりと提案し、議論を戦わせることで初めて建設的な議論が可能になる」と述べ、具体的な改憲案を示さない民進党を皮肉った。

※引用元:

首相、自民党改憲草案の撤回を拒否「撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」 民進・野田幹事長の代表質問で

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0927/san_160927_6104091806.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • ~⊂'"゙`づ,゚Д゚彡つ<あああああ! 安倍ちゃんやっぱり「二階先生バンザイ!」路線へ!
  • 難癖つけて審議拒否。代案も出さずに国家運営を妨害。民主党時代からなんにも変わってないじゃん。ww
  • かつては民主党内の保守派と言われ、正論に論文を出していたのに本当に理解に苦しみます。
  • どんなに草案の中身が悪かろうが作成している自民の方が偉い。自分達は何も作成せずに「撤回せよ」ってバカなのかな。
  • 国として正常な憲法を作るには、歴史、文化、民族性の反映が不可欠だ。明治憲法を規範としろ。





























関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: