ホーム

記事一覧

RSS

SANYO、インドで復活 パナ、TV販売苦戦で奥の手

 パナソニックが今夏、三洋ブランドのテレビ販売を、インドで約8年ぶりに復活させていたことがわかった。同社は2009年の三洋電機の買収後、国内外でパナソニックへのブランドの統一を進めており、消費者向け製品での「SANYO」の復活は初めて。インドのテレビ販売でパナソニックは苦戦し、認知度が高い三洋ブランドの助けを借りることにした。

 8月上旬から、インターネット通販アマゾンのインド版のサイトで、三洋の液晶テレビ4機種を売り出した。生産は外部に委託している。家電量販店で売るパナソニックブランドのテレビより1割程度安くした。

 三洋は、インドの家電大手との合弁会社などを通じて05~08年、テレビや冷蔵庫、洗濯機などを販売した。今も「三洋ブランドの認知度は高い」(パナソニック広報)という。

<以下省略>

※引用元:

SANYO、インドで復活 パナ、TV販売苦戦で奥の手:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJ9X4V3FJ9XPLFA00D.html


管理人の反応

(*´-`)


ネットの反応

  • 「パナソニック広報は「三洋は将来的に終息するブランド。(インドの件は)地域を限定した例外的な使用だ」と話す」頼っておきながらすごい言い様。
  • SANYOは貧乏だった私にも白物家電を買うという夢を与えてくれた。エネループを開発したのもSANYoだし良いメージしかない。
  • 海外ではこだわりを捨てて現地にあわせないと失敗することが多い。現地の人にとって買収した親会社のブランドなんて知ったことじゃないのだろう。/
  • 日本でも復活⤴できるものがあれば。使用頻度はそんなに多くなくても、実家のトースター🍞は約20年間現役。
  • 安くて良い品を販売しないと経営面での成功は難しい。無論、高価格だけに高性能な商品を買う消費者もいる。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: