ホーム

記事一覧

RSS

「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけに


 小学館が刊行する「小学二年生」が、部数の低迷などから12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することがわかった。「小学三年生」から「小学六年生」まではすでに休刊しており、かつて同社の看板雑誌だった学年誌は「小学一年生」を残すのみとなる。

 小学館は、同社創立の1922(大正11)年に「小学五年生」と「小学六年生」を創刊。学年別学習雑誌の先駆けで、25年までに「小学一年生」から「小学四年生」までが相次いで刊行された。学年誌は同社の「創業以来の基幹事業」とされ、73年には「小学三年生」が102万部を記録するなどした。

 だが、少子化や小学生のニーズの多様化などから、発行部数は各学年とも数万部程度まで減少。「小学五年生」が2010年3月号で、「小学六年生」が同年2・3月合併号で休刊。12年には「小学三年生」と「小学四年生」も相次いで休刊した。(塩原賢)

※引用元:

「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけに:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJB37DG5JB3UCVL02X.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • よく今まで耐えたな。そろそろ学年別という発想止めませんか?目安は必要だが、個別に最適なコンテンツを選択すれば良いのでは?
  • そう言えば小学一年生は買ったが、子供の学年が上がったら買わなくなった。読んでみると、いい雑誌なんだけどね。マンガもアニメゲーム情報もあるしドリルもついてるし。┃
  • あらら…。小2息子が今まさに読んでるわ。本当は学研の科学と学習を与えたかったけど既に休刊なのよね。
  • 小学四年生くらいからコロコロコミック、でそのうちBOMB!とかになって、立派なキモヲタが出来上がるんだよ。これが小学館のヲタ誘導。
  • 私の子供、1年生はたまに買ってって言われたけど2年生は1回しか買ってないし買っても殆ど読まない。こんなに盛り沢山なのに何が足りないんだろって思ってた。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: