ホーム

記事一覧

RSS

所得税抜本改革先送りへ 政府・与党、夫婦控除踏み込まず


 政府・与党が、2017年度税制改正で検討していた所得税の抜本的な改革を先送りする公算が大きくなった。「配偶者控除」の見直しでは、当初有力とされた妻の収入を問わず夫婦世帯に適用する仕組みには踏み込まず、現行制度の適用対象を見直す方向で調整する。安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切るとの観測が浮上する中、増税となる世帯からの反発を招きかねない改革に対し、慎重論が強まっている。

 所得税の控除制度などの基本構造は1955年ごろからほぼ見直されておらず、生活実態とのずれが広がっている。政府税制調査会は昨年11月に若年層や低所得層への配慮や多様な働き方に中立な税制といった所得税改革の論点を整理、17年度改正は実行の初手の位置付けだった。

 妻の収入が103万円以下なら夫の課税所得から38万円を差し引ける配偶者控除は、女性の就労を阻害するとして問題視され、安倍首相が9月上旬に見直しを指示。政府・与党では、夫婦なら妻の収入を問わずに適用される「夫婦控除」への転換が有力視されていた。

<以下省略>

※引用元:

所得税抜本改革 先送り 配偶者控除、適用対象見直しで調整

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161006/mca1610060500002-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • お気楽な専業主婦が何で優遇されるのか?子持ちは子どもを優遇すればいい。税金と社会保険料もきっちり払わせろ!
  • 消費増税が難しいから、所得税で誤魔化そうという魂胆だろう。前回の増税の失敗は大きいぞ。公務員改革と政治家が身を切ってから議論をしてくれ。
  • 税金の取りやすい制度の前に自分達が身を斬るべし。 人が働かないと税収はとれない人がいないと国は成り立たない。
  • 『総選挙や都議選をにらんで、負担増世帯からの反発を懸念する声が浮上。「先送りは仕方がない」(公明党幹部)との見方が広がっている』と。こんなんだから投票率が改善しない。
  • 小手先の対策だったら、やらない方がマシかな。税の改革が全く進まないのであれば、来年以降の対応も変えなくちゃだな。数年掛けて準備したのに。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: