ホーム

記事一覧

RSS

HV・EV、車接近音を義務化 2018年以降の新型車


 国土交通省は、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車の存在を人工音で知らせる「車両接近通報装置」の搭載を、自動車メーカーに義務づけることを決めた。モーターで走るため走行音が静かすぎて、視覚障害者らが接近に気づかず、危険との声が強まっているため。2018年3月以降に国の認証をとって発売される新型車が対象になる。

 音が出る装置自体は、国交省が10年にガイドラインをつくり、普及を促してきた。現行の新車には全てのメーカーで全車標準装備されているという。だが、手動で音を止められるため、作動させていない車も多く、視覚障害者らから「いきなり脇を通過するのでヒヤッとすることがある」との声が出ていた。

 18年3月以降の新型車を対象とする新規定では、手動で音を消せなくなるうえ、音量も現在のものより大きなものを義務づける。今月中に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だ。

<以下省略>

※引用元:

HV・EV、車接近音を義務化 2018年以降の新型車:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJ9S7S6GJ9SUTIL02K.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 静かになってよかったって意見が黙殺されるのは「許されない」。接近センサー検知器を必要な皆さんにお配りする方がみんなに優しい社会だし、多分そちらの方がコスト低い。
  • もうね、バカかとアホかと。発想が狂っている。そもそも、あの奇妙で不快な接近音に健常者を含めた歩行者側が警戒して自衛しないと安全が確保出来ない状況が間違っている。
  • どうせ音付けなきゃいけないってんなら、エンジン音の再現とか特定のメロディとかなんも面白くねぇし、なんか楽しめるとか心地良いとかそんういう音だそうぜ。
  • 何をわざわざ…と思わんでもないが、しょうがない。歩行者を引っ掛けたらほぼ100%車が悪いことになるしね。安全距離が取れなければ徐行、というのも守られてないし。
  • 車から音を出しても、自らヘッドホンやイヤホンで聞こうとしない人もいるんだよなぁ。そっちも対策して歩み寄らないと健常者障害者関係なく事故る。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: