ホーム

記事一覧

RSS

夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」


 東京都の派遣社員、中村良子さん(44)=仮名=は不妊治療がうまくいかなかったとき、生後2カ月で亡くなった長男の崇ちゃん=同=にこう話しかける。

 リビングに置かれた白い子供用の小さなテーブル。崇ちゃんの写真やおもちゃがたくさん並んでいる。

 35歳で1歳年下の会社員、隆行さん=同=と結婚。子供は「自然に授かるもの」と思っていたが、なかなかできなかった。37歳のときに不妊専門クリニックで治療を開始。体外受精で妊娠し、平成23年1月に出産した。40歳だった。

 待望のわが子は心臓に重い病を抱えていたが、手術が成功。回復に向かっていると思われたが一転、容体が急変し、一度も家に連れて帰れないまま、亡くなった。

 腕に抱いたときの温かさや笑顔…。崇ちゃんへの思いは募った。

<以下省略>

※引用元:

【不妊治療のやめ時を考える(1)】夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

http://www.sankei.com/life/news/161008/lif1610080008-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 多額の費用が捻出できず諦める家庭も多い。 補助の拡大や保険の整備など、もっとしっかりしたバックアップが必要でないか。
  • 人間も動物なのだから、妊娠にも適齢期があるのは当たり前の理だ。不妊治療のピークは40歳、理に反しているのだから覚悟は必要。
  • 30代後半~40代で子供が出来なくて「なんで私達だけ…」ってなるのはおかしいと思うんだが…。
  • 記事詳細|Infoseekニュース ある程度の若さがないと、医学が進んでも妊娠は難しい。
  • 子供できる体質だけど手遅れになったのか、あるいはもともとできない体質だったのか。 何事も早い方がいいよな
























関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: