ホーム

記事一覧

RSS

小池知事の都庁粛清リストに局長級の名前が複数 逃げた石原慎太郎氏は“崖っぷち”


 東京都の小池百合子知事が、都の体質に怒り心頭に発している。自己検証では、豊洲新市場の「盛り土」未実施問題の真実は明らかにならず、全容解明のために、行政監察の手続きやプロジェクトチームなどを駆使する意向なのだ。小池氏が狙う「豊洲問題の事件化」とは。石原慎太郎元都知事(84)時代の「負の遺産」が指摘されるなか、処分対象候補をまとめた「粛清リスト」なるものが取り沙汰されている。

 「都の調査に協力する意思に変わりはなく、『聞き取りを拒否した』という報道に戸惑っている」「年を重ね、記憶が正確でなく、このところ体調がすぐれない。できることなら書面によりご質問いただければ、記憶を整理して誠意をもってお答えしたい」

 石原氏は6日、こんなコメントを発表した。同日朝刊などで、「石原氏、聴取拒否」「慎太郎氏、逃げた」などと批判され、釈明したのだ。

<以下省略>

※引用元:

小池知事の都庁粛清リストに局長級の名前が複数 逃げた石原慎太郎氏は“崖っぷち”

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161008/plt1610081000001-n1.htm


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 何だ、人件費が6割も高騰し、建築費用も上乗せされたとか言ってるが、1万円で働いていた土工が1万6千円貰ってたかどうかマイナンバーで追跡してみろ。 どうせ、実際は1万円しか貰ってないから。ガメる事しか頭に無いんだよゴキブリ共は
  • -zakzak ☞小池百合子は既に石原慎太郎を凌駕している。 都庁浄化に踏み出した小池町奉行は、日本民族劣化防止の狼煙を上げた。 歴史的人物の片鱗か?
  • ZAKZAK ▪▪石原氏は都政への信頼を失墜させた、豊洲新市場の「盛り土」未実施が決まった当時の最高責任者である。最近もベストセラーを執筆し、都知事選では小池氏を「大年増の厚化粧」と罵倒し報道番組で▪▪
  • 傲慢なくせに小心者で女々しい石原、死んだも同然老人。やはり石原死んだ老がふさわしい名前だ。 石原家の恥!!出てけ!
  • 遠慮なしで局長どころか関係者全員を粛清すれば都も良くなるさ。 石原は、とっても気の弱い男だ。ちと驚かしゃ何でもうたうよ。カス集団め

















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: