ホーム

記事一覧

RSS

「下請法」50年ぶり見直しへ。支払手形の期間短縮、ルール厳格化

 政府は下請け取引環境の改善に向け、年内をめどに「下請代金支払遅延等防止法」(下請法)の一部を見直す。支払手形の期間短縮を促すなど、下請け業者への支払いルールを厳格化する。見直しは約50年ぶり。併せて親会社となる企業に、業種別に自主行動計画の策定を要請する。下請け企業が不利益を被ることがないように取引環境を改め、収益性の向上を後押ししつつ賃上げの環境整備を進める。

 下請け取引の適正化に向けて、政府は「よりメリハリの効いた取り組みを官民一体となって進めていく」(世耕弘成経産相)と従来よりも強力に推進していく考え。このため経済産業省は、コスト負担の適正化などを盛り込んだ政策パッケージ「未来志向型の取引慣行に向けて(通称・世耕プラン)」を策定した。

 下請法は不当な下請代金の値引き要請、支払期日の延期などを防止する法律。今回の見直しでは、同法で禁止する割引困難な手形に関する期間の定義を変更する。現在、割引困難な手形の期間を繊維業が90日、それ以外の業種は120日以内と定めているが、これを60日に短縮する。年内にも新しい通達を出す。

<以下省略>

※引用元:

「下請法」50年ぶり見直しへ。支払手形の期間短縮、ルール厳格化

http://newswitch.jp/p/6386


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 未だに大手の代理店は手形を気軽に振り出して来るからなぁ。ウチなんか裏書きでき回せるのはもう印刷所くらいだから、単に割引手数料分の負債でしかない。ヤメて欲しいわ>「下請法」50年ぶり見直しへ。
  • 手形決済自体大幅に減少している中で、何を今さら感がある。 もっと他にやるべきことはあるのでは? /参考
  • しっかり見直して欲しいね。ええ加減な内示出して、内示の名の元に逃げ打つ上場企業とかなんとかしてくれ。
  • 立場として弱いことが多い下請を守る為の見直し。以前、建設業に関するものを見ましたが、立場が弱いからと言って不利益を被らないよう、より良くなりますように。
  • 小さいアニメの製作会社は現行の下請法対象外の資本金1000万以下が多いため、製作会社の下で請け負っている個人はこの対象になっていない。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: