ホーム

記事一覧

RSS

小笠原・父島にプロペラ機用滑走路案 羽田と結ぶ構想


 本土から約1千キロ離れた小笠原諸島・父島で、都と小笠原村が協議している空港案の概要がわかった。洲崎(すさき)地区にプロペラ機用の1200メートル級の滑走路を設け、羽田空港と結ぶ案だ。世界自然遺産ではない地区だが、豊かな自然と利便性、費用対効果をどう判断するのか――。

 小池百合子知事は8日、島の中西部に位置する洲崎地区を視察。「急患が出た時に運ぶ手段がないと聞いている。空港の必要性を命を守るという観点から考えることは重要だ」と述べた。一方、「ニーズとコスト。これからの島部全体の計画を練り直す必要がある」と指摘し、「自然を保ちながら観光を組み合わせるルールを守り、発展させる。その答えを出したい」と話した。

 村は都に2年後の「返還50周年式典」までの空港建設の表明を求めている。知事の視察について「まずは現場を見てもらえて良かった」と受け止めた。

<以下省略>

※引用元:

小笠原・父島にプロペラ機用滑走路案 羽田と結ぶ構想:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJB80NTWJB7UTIL07D.html?ref%3Drss


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 地域を維持していくお金って何も緊急医療に限らないと思うけど、人口減の時代においてやるべきことは、すでにインフラあるところに人口を集中させるべきだと思う。 --
  • この件に関しても、元々石原慎太郎都知事が両方の立場から意見を述べ提案していた。小池氏が視察しまた何やら見直しがどうのと語ったそうですが、此処の動向も要注目かな。
  • 非常に良いことだと思う。 だらしの無い旧来の金権、利権中心の男性都知事とは違って!思いっきり検討して欲しい。 東京都に素晴らしい自然を有する保養地を!
  • 急患ってのだけなら、オスプレイに増槽タンクでもつければ?着陸する場所小さくてすむよ?ドクターヘリ運用も出来るよ?
  • ついにこれが始動するのか~。しかしプロペラ機は羽田だとほかのジェット旅客機と性能が違いすぎて離着陸時には滑走路閉鎖するレベルで運用しないとだからなあ…。:




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: