ホーム

記事一覧

RSS

外国人に理解しがたい日本の“ネコノミクス” 「貴族の生活」「富より重視」


 日本国内で空前の「ネコブーム」が到来していることは、外国メディアも注目している。和歌山県紀の川市の和歌山電鉄貴志駅の駅長として活躍したネコ「たま」や、大阪・心斎橋に今年オープンしたネコ関連の施設を集めた「ネコビル」を詳しく紹介するなど、興味を持って取り上げられている。中でも中国メディアは熱心に報じているのだが、日本のネコブームについて「外国人には理解が難しい」「景気の特効薬になりえない」など、冷ややかな見方も伝えている。

 「たま」「ネコビル」…

 和歌山の駅長「たま」については各国のメディアが注視。昨年6月にたまが亡くなった際には、例えば米CNNテレビが「日本の最もかわいらしい駅長たまが死んだ」との見出しで報じた。また英紙ガーディアンはその後、たまの葬儀が盛大に行われたことなども盛り込んで「3000人がネコ駅長の葬儀に出席」との見出しで伝えるなどした。

<以下省略>

※引用元:

外国人に理解しがたい日本の“ネコノミクス” 「貴族の生活」「富より重視」:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/161008/wor16100809000001-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 犬猫が食用な国の人には確かに理解不能だわな。でも、世界中に看板猫の類はいるんだし、そうでなきゃ岩合さんは活躍できないんだし(笑)。ま、他人様から何と言われようとも、“うちの子”最高なのはみんな一緒じゃない?
  • 黒猫は金運よくなるよと獣医さんに言われたけど、あまり経済効果ないなと膝の上の黒猫をなでながら思う。
  • ネコノミクスとかそういう発想しかできない人間性の貧困さの方が余程問題ある。猫に商業的価値をつけるべきじゃない。
  • 家族の一員だと認めてやるがペットだ。挨拶は出来んし、箸もナイフやフォークで食事出来んやろ。会話...
  • ブームの終焉が怖い。過去に見た、ハスキー犬ブーム、チワワブーム時の愛護センターを思い出す。













関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: