ホーム

記事一覧

RSS

麻生財務相、五輪費用負担に消極姿勢 「東京五輪は『日本五輪』ではない」


 麻生太郎財務相は11日の閣議後の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費が当初見込みを大幅に上回る可能性について、「東京都と国際オリンピック委員会で協議してもらうのが一義的なことだ」と述べ、国の費用負担に消極的な姿勢を示した。

 都の調査チームは、開催費用が3兆円を超す可能性を提示。国などとの費用分担ルールも検討するよう求めている。

 麻生氏は「東京五輪は『日本五輪』ではない」と強調。「私どもとしては、入国(管理)などでサポートするのが基本的な立場だ」と語った。

※引用元:

麻生財務相、五輪費用負担に消極姿勢 「東京五輪は『日本五輪』ではない」

http://www.sankei.com/economy/news/161011/ecn1610110016-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • これが東京五輪中止の導火線になれば嬉しいことだ。政府は森喜朗の言うことなど知らないと言えばなお良い。今は無駄金を吐き出す五輪をやるような悠長な状況ではない
  • そらそうよ。地方創成とかのためならまだわかる。数百億とかでもまぁわかる。しかし、なんで格差広げるためにさらに大金を都につぎ込むのか。
  • これで、3兆円が都民負担になる事がほぼ決定しましたが、果たしてどういうツケになるんでしょうかね。勿論、中止や返上もアリですが。
  • これで都知事が『国には入管だけお願いしますので、安倍さんは2度と五輪に顔を出さないで下さい。あと、森さん、無い袖は振れませんよ。』と言えれば完璧。
  • じゃあ安倍のマリオは何なんだよ?(笑)。日本政府が全面的に肩入れしている証だろ。財務省の”操り人形”に過ぎない麻生。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: