ホーム

記事一覧

RSS

中日新聞が記事を削除 貧困巡る連載「想像で書いた」

 中日新聞社(名古屋市)は、中日新聞と東京新聞に掲載した子どもの貧困をめぐる連載記事に事実とは異なる記述などがあったとして、両紙の12日付朝刊におわびを掲載し、当該記事を削除した。

 同社によると、問題となったのは、5月に中日新聞朝刊で6回連載した「新貧乏物語」第4部のうち、父親が病気の女子中学生を取り上げた19日付朝刊の記事。生活が厳しくて教材費や部活の合宿代が払えない、とした部分など3カ所が事実ではなかったという。

 記者は家族らに取材して取材メモをつくっていたが、この部分は「原稿をよくするために想像して書いてしまった」と説明しているという。家族から指摘があり、同社が社内調査をした。同じ記事は6月に東京新聞にも掲載された。

 5月17日付の中日新聞に掲載したパンの移動販売を手伝う少年の写真も、同じ記者が、実際とは異なる場所でカメラマンに撮影させていたという。

<以下省略>

※引用元:

中日新聞が記事を削除 貧困巡る連載「想像で書いた」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBD3G0JJBDOIPE004.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 想像で補うことは、記事を良くすることにはならないよ。それやったら、報道でなく文学になってしまう。間違いを認めて公にしたのは、報道機関として真っ当な判断。
  • 格闘ゲーム大会優勝の誤報の余韻が残る中、まあよくヨソの誤報はこうも長々と書くもんである。
  • 貧困ネタはオイシイのでしょうね。まぁNHKの外堀も埋まって来たかな。日本の問題は若年層に対する苛政であり、そのことをメディアが覚悟を持って伝えないと。
  • こんなことやってるからメディアの信用が無くなるんだよ。 正しい情報を正しく伝えることが一番大事ではないのか? 面白おかしく書くなら小説にすればいいのに。
  • こう言うことが、他の事実に基づいた報道を貶めてしまう。ジャーナリズムへの信頼を無くさせないために、厳に慎むべき行為。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: