ホーム

記事一覧

RSS

いじめ情報共有、怠れば懲戒処分 文科省、教員に周知へ

 文部科学省は公立学校の教職員に対し、いじめ防止対策推進法で義務づけられた学校内でのいじめに関する情報共有を怠った場合、懲戒処分の対象になり得ることを周知する検討を始めた。法施行から3年になるが、担任がいじめの情報を抱え込むなどして組織的な対応が行われず、子どもの自殺につながるケースが後を絶たないことが背景にある。

 一方、教職員の多忙さなどが指摘される中、情報共有を怠ったかどうかの認定には難しさも伴うとみられる。また、教員の萎縮につながるとの指摘もあり、慎重な運用が求められる。

 同法の施行状況を検証している文科省の有識者会議(座長=森田洋司・鳴門教育大学特任教授)が12日、「いじめの情報共有は法律に基づく義務であり、公立学校の教職員が怠ることは地方公務員法上の懲戒処分となりうることを周知する」などとする取りまとめの素案を提示。一部の委員からは「現場が萎縮する」と懸念する声も出た。24日に取りまとめ案を正式決定したうえで、同省は教育委員会を通じて学校にこうした方針を通知するとみられる。

<以下省略>

※引用元:

いじめ情報共有、怠れば懲戒処分 文科省、教員に周知へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBD0VL9JBCUTIL071.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • これは、日本の社会体質の問題。最近の過労死の件や隠蔽体質は変えていかなければならない。自分も含めて見直そう。
  • いじめ認定すれば評価が下がると隠蔽体質に繋がったような事のないように。これまで救えたかもしれないどれほどの命が失われたことか。もう繰り返すな......。
  • 教師よ!大人たちよ! いじめから逃げるなって感じです。 逆に子供たちには逃げることも教えるべき! 学校が全てではない!人生は長い!!
  • これ自体が悪いとまでは言いませんが,現場の多忙さや人事考課についても記事で触れてくれないとなあ。抱え込みが生じるのは構造的な部分に原因があるので・・・。
  • 他の人も指摘しているがいじめを隠蔽するのは保護者との摩擦を嫌がる学校責任者だと思う。この方針では、逆に隠蔽が進む可能性もある。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: