ホーム

記事一覧

RSS

スマホで将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」


 日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。

 三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。

 七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が出場し、渡辺明竜王(32)と対戦する。読売新聞社も了承しているという。同社から正式なコメントはなかった。竜王戦は将棋の七大タイトル戦の一つで、タイトル戦の挑戦者の変更は極めて異例。

<以下省略>

※引用元:

スマホで将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBD6GMGJBDUCVL02R.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 経緯を見ると、疑われてもやむなしな印象。 対局時にスマホ等の電子機器持込みを禁止する内規が導入されることになった一因にも見える。
  • 捏造新聞の朝日はさも不正があったかのような印象を与える書き方だが、よく調べてみると騒動自体に違和感を覚える部分がある。続報を待つしかないな。
  • 僕は「ぬれぎぬ」だと信じたいなぁ。 でも、スマホアプリぐらいでも、詰みチェックには使える可能性があるか。 人間はどうしても読み抜けがあるから。
  • まぁその内ソフト仕様もOKとされて、どちらもAI実装した棋士同士の激突も見られるかもしれないな。
  • 体調のせいかもしれんし、どういう根拠で疑いがあるなんて言ってるんだ?これは連盟が根拠を示した上で説明を求めるべきで、それをせずに説明だけを求めるのは無茶な話だ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: