ホーム

記事一覧

RSS

外国人技能実習生、異例の過労死認定 残業122時間半


 建設現場や工場などで働く外国人技能実習生が増え続ける中、1人のフィリピン人男性の死が長時間労働による過労死と認定された。厚生労働省によると、統計を始めた2011年度以降、昨年度まで認定はなく異例のことだ。技能実習生の労働災害は年々増加。国会では待遇を改善するための法案が審議されている。

 ジョーイ・トクナンさんは、ルソン島北部の山岳地帯で生活する少数民族の出身。妻レミーさん(28)と、娘グワイネットちゃん(5)ら家族を養うために11年に来日した。岐阜県の鋳造会社で、鉄を切断したり、金属を流し込む型に薬品を塗ったりする作業を担当していた。14年4月、従業員寮で心疾患のため、27歳で亡くなった。帰国まで残り3カ月のことだった。

 最低賃金はもらっていたが、稼いだほとんどを毎月、フィリピンに送金。離れて暮らす娘とテレビ電話で話すことを楽しみにしていた。「リサイクルショップに娘のお土産を買いにいくんだ」。前日、そう同僚に話していたという。

<以下省略>

※引用元:

外国人技能実習生、異例の過労死認定 残業122時間半:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBF56QNJBFUTIL028.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 日本社会全体に巣づくう「長時間労働」病。 日本人のメンタルの中に「刻苦勉励」への無条件の信仰があり、それが強い者への無批判的従属につながっている。
  • これ、英語かフランス語に翻訳して日本に来たがっているアフリカ人達に知らせておくべきやな。 せめて日本語が堪能であれば単純労働以外に語学教師等の道もある筈。
  • 米国の有名大学のアジア研究会で「日本の労働慣行」として報告があり、嫌悪の目を向けられた。 これ。どんどん切り込んで膿だしたほうがいいよ>外国人技能実習生、異例の過労死認定
  • “14年度の労災事故の死傷者は1241人で、こちらも過去最多に。作業中の事故で5人が死亡したほか、自殺が6人、脳や心臓の疾患による死亡者も6人いた。”
  • 何より怖いのが、海外や一部の売国政治家がこれに反応して「外国人の労働に関してのみ」待遇改善する恐れがある。 そうなると日本人は国民なのに奴隷になる。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: