ホーム

記事一覧

RSS

消えゆく「公団ゴシック」 高速道路独特のあの書体


高速道路の標識で40年以上にわたり使われてきた「公団ゴシック」。その独特な字形が特徴的ですが、現在、これを目にする機会が減りつつあり、近い将来には見られなくなるかもしれません。

「高速道路独特の文字」を使った標識がいま、数を減らしつつあります。それを見られる時間はもう、限られているかもしれません。

 高速道路の標識には、これまで和文に「公団標準文字」、いわゆる「公団ゴシック」と呼ばれるフォントが使われてきました(英文は「ノイエ・ハース・グロテスク」)。「公団」とは、民営化されてNEXCO各社などになる前の「日本道路公団」のこと。2005(平成17)年まで日本の高速道路などを建設、管理してきた特殊法人です。

※引用元:

消えゆく「公団ゴシック」 高速道路独特のあの書体 | 乗りものニュース

http://trafficnews.jp/post/58463/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 寂しいなぁ。このフォント好きだったけど、そんな苦労があったんだね。映画字幕も昔のが味があって好きだったけど。PCには高速道路フォントも字幕フォントも入ってる。
  • 独特さやこだわりや惜しみより見づらいことこの上ないから早く変えて。なんでもそうだが時代は進化するもの。懐かしさを顧みるのは自由だが。
  • 最近は新フォント使ってるの知らなかった。公団ゴシックは遠目からわかるよう工夫されてるけど、逆に近くだとわかりづらいから仕方ないよね。
  • 今後カメラによる道路表示の認識が進むことを考えると、むしろ公団ゴシックの方が機械的に読み取りやすいのではないかと思ったりもするのだけど。
  • 今朝がっちりマンデーでモリサワの取材(史上初!)見たので感慨もひとしお。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: