ホーム

記事一覧

RSS

蓮舫代表は今も「違法状態」である アゴラ


 民進党の蓮舫代表(48)の「二重国籍」問題は、国民にウソをついただけでなく、違法性が問われる可能性が出てきた。蓮舫氏は15日、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとして、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と語ったのだ。同問題を徹底追及してきた、徳島文理大学の八幡和郎教授が緊急寄稿した。

 蓮舫氏は、戸籍法の義務である「22歳までの国籍選択」を、最近までしてこなかったことを明らかにした。党関係者によると、選択の宣言は今月7日付だという。

 これは、国籍選択後の台湾籍離脱が「努力義務」なのに対し、純然たる「違法状態」を放置してきたことになる。蓮舫氏は立法府の人間でもあり、重大性において格段の差がある。

 さらに、日本国民であることを選択してこなかったなら、日本と台湾に同じ重さの忠誠度しかない状態だったことになる。日本の国会議員として著しく不適切だろう。

<以下省略>

※引用元:

蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 “偽の二重国籍”売り物に 「違法状態を放置だ」八幡和郎氏緊急寄稿

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161018/plt1610181550005-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 蓮舫代表は今も「違法状態」である-池田 信夫(アゴラ) 殆どの善良な国民は知ってる。これを内部から正そうとしないできないのが赤化民進党。こんな輩が立法を語るなど言語道断笑止千万片腹痛い。さて次はどんな言訳と言う名の嘘を吐くのか楽しみ。
  • "台湾旅券の利用状況”ね、これ是非知りたいわ。 もう民進党って、全野党を頭一つ抜けたインチキ政党って感じ。
  • 蓮舫氏の国籍宣言日は「今年10月7日」とテレビ朝日が報じた。これで公選法違反は確定だ。経歴詐称の「故意」も、彼女が自分で証明したようなもの。
  • 台湾、中国籍を売りにし後に否定。以後、嘘の上塗り。野党第一党党首が日本の恥とか勘弁。台湾、中国に謝るべき。
  • ベッキーと一緒。一等始めのなめた対応が命取りになる。今、二人とも時間を巻き戻したいだろう。(加来)




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: