ホーム

記事一覧

RSS

三菱自会長にゴーン氏=日産、益子社長の留任要請


 日産自動車は19日、カルロス・ゴーン社長(62)が三菱自動車の会長につく人事を固めた。三菱自の益子修会長兼社長(67)には、社長留任を要請している。三菱自は月内に日産から34%の出資を受け入れる予定で、ルノー・日産のトップを兼務するゴーン氏が三菱自の会長も兼任し、抜本的な経営の立て直しを進める。

 12月に開く三菱自の株主総会後の取締役会で正式に決める。同社は今年4月に軽自動車で燃費改ざんが発覚。日産からの出資を受け入れ、事実上傘下に入る。ゴーン氏は自らが会長として経営に関与し、三菱自の企業風土の改革や日産との協業を進める。

 ゴーン氏は日産の社長のほか、同社の筆頭株主である仏ルノーの最高経営責任者(CEO)も務める。独ダイムラーや米フォード・モーターと燃料電池車の開発で組むなど、巧みな提携戦略で規模を拡大してきた。東南アジアに強い三菱自と連携することで、さらなる規模拡大につなげるほか、両社がエコカーの本命と位置づける電気自動車の分野でも交流を深める考えだ。

<以下省略>

※引用元:

三菱自会長にゴーン氏 日産、益子社長留任を要請

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18HZD_Z11C16A0MM0000/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • なるほど! トップの首をすげかえて混乱を招くよりも現行の指示命令系統のまま官僚的体質の改善をはかったほうが良いという判断か。ゴーン氏らしい
  • 三菱もいい車を作ってるんだから立て直して欲しい。ゴーンの話より、実燃費と公表値が最もかけ離れているトヨタが何故国土交通省のチェックを受けない?三菱もたくさん献金すればばれなかったのに。
  • なんだかこうなると、経営プラス、企業内政治の世界も加わって、傍目には面白い。 豪腕ゴーンの腕の見せ所?
  • こうなってくると「大日本株式会社」の社員のみなさんはいったいどこに「会社に対する忠誠心」を求めたらいいのかわからない。➡️ゴーン氏が三菱自会長兼務=日産、益子社長の留任要請(時事通信)
  • やはりゴーン。こんな時彼のリーダーシップは凄いし世間的にも抜本改革のイメージを印象付けられる、かな。ていうか益子社長は留任か…どうなる三菱。 ゴーン氏が三菱自会長兼務=日産、益子社長の留任要請(時事通信)




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: