ホーム

記事一覧

RSS

泣き寝入りする「過労死遺族」、周囲からは「何で辞めなかったの」「大金おめでとう」

過労死・過労自殺(未遂含む)をあわせた労災認定件数は、この10年以上、200件前後で推移している。しかし、電通入社1年目の高橋まつりさん(当時24歳)が過労死認定された事例のように、ニュースとして取り上げられることはあまり多くない。内部情報がリークされたり、遺族が記者会見を開いたりしない限り、企業名はなかなか表に出てこないからだ。

遺族が会社名を公表すれば、社会的には大きなインパクトがあり、労働環境の改善などにつながる可能性がある。しかし、メディアの前に姿を表す遺族は少数だ。全国過労死を考える家族の会・代表の寺西笑子さん(67)=京都府=は、「誹謗中傷などに晒されるので、行動を起こすには勇気がいる。そもそも泣き寝入りする遺族も多い」と過労死遺族が置かれた苦境を語る。

「なんで死ぬ前に家族の顔が浮かばんかったんやろうか…」。寺西さん自身も1996年に夫の彰さん(当時49歳)を過労死で亡くしている。飲食店の店長をしていた彰さんは、長時間労働や社長から強いプレッシャーを浴びせられ続け、自宅から1㎞ほど離れた市営団地の4階から飛び降りた。

<以下省略>

※引用元:

泣き寝入りする「過労死遺族」、周囲からは「何で辞めなかったの」「大金おめでとう」

https://www.bengo4.com/c_5/c_1626/n_5266/


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 自己責任っていうのはさすがおかしいよ。 訳分からん道徳教育をする時間あるなら、労働法制を中学でやった方が良いよ。 人生の半分ぐらいは働く訳やから。
  • 電通は冷酷な人事管理している、という事実が拡散したら良い。 仕事にのめり込み過ぎて破綻してしまう部下を 諌めて、帰宅を命令するのが人事管理。
  • 辞める選択肢は確かにあったと思うがそうできなかった事実。 社会的風潮を変えてく必要もあると思う。
  • 現代社会の歪 人の痛みを理解しない教育 大人の責任でも在る! だが、人権弁護士の存在が教育に良いかは不明 勝手に死刑廃止とかブチ上げるんだから…:
  • これが「おもてなし」で絶賛されるモラルの高さを持つとされる日本人の精神構造の陰湿な醜さ。まして対障碍者をや




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: