ホーム

記事一覧

RSS

ディラン氏「無礼で傲慢」、ノーベル賞選考メンバーが批判

 【ロンドン=共同】今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏が沈黙を続けていることに対し、選考主体のスウェーデン・アカデミーのメンバーが21日、スウェーデン公共放送SVTのインタビューで「無礼かつ傲慢だ」と強く批判した。

 作家らでつくる同アカデミー(定数18)の一員のペール・ウェストベリ氏で、「この事態は予測しなかった」と困惑気味に語り、ディラン氏の真意を「ノーベル賞を欲しくないのだろう。自分はもっと大物だと思っているのかもしれない。あるいは反抗的なイメージのままでいたいのかもしれない」と推測した。

 アカデミーは13日の授賞発表後、ディラン氏に再三連絡を試みてきたが、接触できないまま既に1週間が経過。12月の授賞式に来るのかどうかも不明で、権威を傷つけられたいら立ちが噴出した形だ。

※引用元:

ディラン氏は「無礼で傲慢」 ノーベル賞選考関係者

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_S6A021C1000000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 受賞は素晴らしいことで、有難いことでもあるけど、応募形式を取っていないのなら、必ずしも全員がそう思う訳でないことを理解しないと、賞自体の価値が下がる気がする。
  • うるせえなぁ勝手に選んだのもおめえらだろ。勝手に槍玉に挙げられた側からすれば、俺たちは名誉を与えているんだぞ!なんて態度こそが傲慢なんだよ。
  • デュランをなんで選んだのかなぁ。勝手に選んで上から目線。俺の呼出しにシカトかよ(๑•ૅㅁ•๑)ってか。脳ベル症もいらねえだろ!
  • 受賞に関して無反応を貫いているだけで、無礼で高慢とは、少々 高い位置から人を見る事に慣れた人が考えそうな分析である。 好意的に迎えたいのなら、好意的であるべき。
  • 記者会見でボロクソに言われていない分、ディランは思いやりがあって礼儀正しくなった。 これを機にノーベル文学賞がなくなれば、ディランはもっと尊敬されるな。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: