ホーム

記事一覧

RSS

殉職自衛官追悼式、野党議員は1人だけ参列


 防衛省は22日、平成28年度の自衛隊殉職隊員追悼式を行い、安倍晋三首相らが参列した。しかし、国会で安全保障関連法の施行に伴う自衛官のリスク増大を批判する野党議員の姿はほとんどなかった。

 追悼式では新たに31柱の名簿を慰霊碑に奉納。首相は「ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和を守り抜いていく」と追悼の辞を述べた。

 追悼式に出席した現職の国会議員は13人で元職は5人。このうち現職の野党議員は民進党の大野元裕参院議員だけ。民進党や共産党など野党は今国会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊部隊をめぐり、安保関連法で認められた「駆け付け警護」任務などを負わせる政府方針を批判。民進党からは自衛官の安全を心配する質問も出た。

 防衛省は国会議員に関し、元首相と同省の元政務三役に追悼式の招待状を出している。また、自ら出席を申し出た場合、席に余裕があれば受け入れている。

<以下省略>

※引用元:

殉職自衛官追悼式、野党議員で参列したのは1人だけ 安倍首相が追悼「国民の命と平和を守り抜いていく」

http://www.sankei.com/politics/news/161022/plt1610220027-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 野党は本当に日本を守る意思はあるのか?日本を守る自衛官に対しあまりにひどい仕打ちに愕然とする。今の野党(共産、民社、民進党)は絶対に日本を滅ぼす。野党は最低で日本の屑だ解党せよ
  • 法案の賛否の主張に自衛隊員の死を悼む行為を利用してる時点で、人命を軽視してるのは野党だろっていいたい。ってわけて考える事だよなぁ。
  • 死というものに接しそれと向き合う時こそ、平素の死生観が分かる。自衛官も国民の一人と言う根本を、持ち合わせていないご様子で。遺憾。
  • 戦没者追悼式に出られなかった稲田防相を責める資格無し。口では自衛官の身を案じているが、単に政治利用しているだけ。
  • わかりやすくてむしろいい。野党にはほとんど国益や国防を考える議員がいないって事実が明らかになったわけで。これを選挙に利用しろ!















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: