ホーム

記事一覧

RSS

「奇跡のバックホーム」20年後の再会 再戦は持ち越し


 延長サヨナラ負けを阻止した「奇跡のバックホーム」で知られる1996年夏の甲子園決勝。対戦した松山商(愛媛)と熊本工の当時のメンバーが22日、熊本市の藤崎台県営野球場で再会を果たした。地震で大きな被害を受けた熊本を盛り上げようと企画した再戦はあいにくの雨で中止となったが、旧交を温め、年内の対戦実現を誓い合った。

 第78回全国高校野球選手権決勝の十回裏、熊本工の三塁走者星子崇(たかし)さん(38)が松山商の右翼手矢野勝嗣(まさつぐ)さん(38)の好返球で、本塁で刺された。2人は2013年末に再会し、「20年の節目にもう一度対戦を」と話し合ってきた。今年4月に熊本地震が起き、「被災地を盛り上げたい」と舞台を熊本に決めた。

 20年前に着ていたユニホームに身を包んだ松山商OB12人と熊本工OB20人は、球場で再会すると「おまえ太ったなぁ」などと笑顔で言葉を交わした。

<以下省略>

※引用元:

「奇跡のバックホーム」20年後の再会 再戦は持ち越し:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBQ5H7NJBQTIPE011.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • このとき私は高2で半泣きでテレビ観戦してました。バックホーム決まった瞬間はばーちゃんと泣きながら手を取り合いました。懐かしいなぁ。
  • いまだ色褪せない、伝説の決勝戦。もう一度やれと言ってもまずできないであろうプレーの代表。本当の奇跡。
  • この試合…9回裏からの攻防ほど『事実は小説より奇なり』がピッタリ当て嵌まる事例は(今でも)他には無いと思っています!^_^ゞ
  • この試合は一生忘れられないなぁ。ほんと奇跡的だった。永遠に語り継がれるんだろうな。
  • 小職この試合最初の勤務地盛岡でテレビ観戦していました😊20年経って讃えあえるなんて素晴らしい選手達😊



































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: