ホーム

記事一覧

RSS

酒の安売り規制、ルールが判明 「原価+販管費」下回れば処分も 国税庁・財務省

 国税庁と財務省が量販店などによる酒の過度な安売りを規制する「公正な取引の基準」をまとめたことが25日、分かった。原価と販売管理費の合計額を下回る安売りを続ける販売業者には、酒類販売の免許取り消しなどの処分ができるようにする。

 処分の対象は、仕入れ原価と販管費を合わせた額を割り込む安売りを行い、周囲の業者に相当程度影響を及ぼすと判断された業者。大型店が大量に仕入れてコストを抑え、低価格で販売する手法は問題はないとしている。国税庁は、情報提供に基づいて調査し、基準を守らない業者には改善命令や業者名の公表、免許取り消しなどをする。

 背景には大型店が客寄せのためにビールなどを採算度外視で安売りする不当廉売がある。国税庁の既存の取引指針や公正取引委員会の摘発が十分機能せず、中小酒販店の経営が悪化していた。ただ、罰則が新設されることで業者が萎縮し、健全な価格競争を妨げるとの懸念も指摘されている。 酒の安売りを規制する改正酒税法などは5月に成立しており、年明けに取引基準などを確定し、来年6月に施行する。

※引用元:

酒の安売り規制、ルールが判明 「原価+販管費」下回れば処分も 国税庁・財務省

http://www.sankei.com/economy/news/161025/ecn1610250016-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • こういう業者は他の酒類など高めに売るいわば、1-6-3法だ。賢明な国民が安物だけ購入することに関して、国税局は国民の消費の自由を侵す事態だ。絶対反対だ!。
  • 三流国家思想だね。 流通物価調整は異常ですな~ 無理やりな大企業優先の政策は憲法に謳われている。平等に対する人権侵害でもある。
  • シンガポール以上に値上げしても飲む人は飲むからオッケー。タバコもだけどちょっと贅沢な嗜好品でいい。アルコール関連はこりごりです。
  • 一般国民には簡単に処分付の規制をし、政治家や役人どものざる法には一切手を着けない。許さん‼全国的酒の安売り規制、ルールが判明
  • 皆、安心せよ。『酒だけ』売る店は皆無。つまみ、ジュース等も売る。 上乗せする販管費の算出は不可能なので、実効性なし。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: