ホーム

記事一覧

RSS

交通量多く「危ない道路」 事故に震える児童ら


 横浜市で登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、男児1人が亡くなった。道幅が狭く、交通量の多い通学路で子どもたちを襲った事故。「以前から危ないと思っていた」と話す人もいる。

 「ドーンというものすごい音だった」。近所の60代の女性が驚いて家の外に出ると、子どもたち数人が道路に倒れていた。男児のそばで、名前を呼びながら泣き叫ぶ母親とみられる女性もいた。周りで5、6人の児童が震えながら見つめていたという。

 路上には、児童らの列に突っ込んだとみられる軽トラックがあった。高齢の男性がぼうぜんとした様子で車内にいたという。

 現場は幅6メートルほどの一方通行で、歩道が白線で区切られているものの、縁石やガードレールはなかった。朝は15分に1本ほど路線バスが走り、トラックや乗用車が多く通る。住宅と商店が立ち並ぶ地域で、近くの市立桜岡小学校への通学路になっていた。女性によると、朝は速度を上げて走る車は少なかったという。「これまで大きな事故は起きなかった」と話す。

<以下省略>

※引用元:

交通量多く「危ない道路」 事故に震える児童ら:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBX3SV4JBXUTIL020.html?ref%3Djcom


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 市に改善要請した事もあったのに。市は商業地区の開発ばかりで予算がないとか言ってないで税金集めてる市民の居住区にもっと目を向けて改善して欲しい!QT
  • 本件に関する限り、ポイントはソコじゃなく事故を起こした運転者の年齢が87才って点だろ。先頭のバスが停まり、後続車は停まれたのだから、追突した3台目に問題があったのだ。
  • いつもの事ながら、明らかに犯罪なのに氏名を公表しないメディアに対して憤り感じる。 公表しないと言う事はやはり在日犯罪なのか?
  • こういう事故が起こる度に、同じような事を報じるのだが、だったら、なんで誰も「公共交通機関を整備して、自動車に頼らなくても良い街づくりをしよう。」って言い出さないの?
  • 狭い生活道路の速度を守らない運転者が多すぎ。それでいて幹線道路や高速道路ではドン亀。速度制限は生活道路こそ取り締まれ!




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: