ホーム

記事一覧

RSS

蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう午後、二重国籍問題で市民団体代表ら


 民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出することが分かった。この問題で蓮舫氏に対する告発が明らかになるのは初めて。

 告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、選択の宣言をした今月7日まで怠った。

 また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。

<以下省略>

※引用元:

蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら

http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 蓮舫は子供(自分以外の子供達も含め)達に「自分が優位に立つ為や、都合が悪くなった時には、嘘も必要だ」って教示してるのかな? まさか自分が有らん限りの嘘付いてて「嘘を付いちゃダメ!」何て言えんだろう!?
  • 本人は、嘘をついて言い逃れを続け、議員辞職等の必要な対応を取る考えは全く無い様なので、こういう動きが出て来るのは当然だ。検察は変な配慮などせずに、法に従って対応すべき
  • 政治主張を伴う左寄り団体を「市民団体と呼ぶな」と宣うネトウヨさん方は、こういう明らかに右にうねりまくりな団体の呼称に対しては何で同じようにケチをつけないんですかね。
  • 日本以外の先進国は二重国籍が当たり前。遅れをとったドイツやスペインも5年前には二重国籍が合法化された。二重国籍違法国はアジアや中東、アフリカといった後進国が主流。
  • 蓮舫議員が自ら辞職しないのであれば、裁判所の判断に委ねるのは当然の話てすね。政治家の信条として、先ず、嘘をついてはいけない、と言うことを根本的に理解すべきですね




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: