ホーム

記事一覧

RSS

東京五輪会場 都調査チーム、バレー「横浜」提言へ ボートは複数案


 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場計画の見直しを進めている東京都の五輪調査チームが、バレーボール会場について、新設予定の「有明アリーナ」(江東区)から既存の「横浜アリーナ」(横浜市)への変更を有力な選択肢として提言する方向で最終調整に入ったことが28日、分かった。ただ、サブアリーナの増設や観客入退場エリアの整備など解決すべき課題も山積しており、実現の可否はまだ不透明といえる。

 調査チームは11月1日に都庁で開催される都政改革本部会議で、調査報告書を小池百合子知事に提出する。

 調査チームは9月に大会総費用が3兆円超となる可能性を指摘し、会場の見直し対象として3競技を挙げた。有明アリーナの整備費は400億円超と試算されているが、調査チームは横浜アリーナへの変更で、大幅なコスト削減が可能と判断した。

<以下省略>

※引用元:

【東京五輪】バレー会場「横浜アリーナ」に変更提言へ ボートは複数案 東京都調査チーム

http://www.sankei.com/politics/news/161029/plt1610290009-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • :五輪誘致で元々予算を安く、復興五輪とかコンパクト五輪とかで獲得した開催権。出来る限り安い節税五輪が一番国民に支持される。IOCや競技委員会は国民の意思で開催が中止されることが一番怖い。
  • 東京五輪が東京に決定したのは会場も含めて、組織委員会・JOC・IOCの判断だ。会場変更は世界からの信頼を失うのだ。日本は世界に誇れる競技施設がない。日本国は貧弱な会場しか作れない事は恥じるべきだ。
  • 川淵三郎会長らの話は都民としてはどうでもいい。レガシー<サスティバブルだ。既にあるもので利用できるならそれに越した事はない。箱モノはこりごり。
  • 東京都といえども税収増の見通しも暗いからね。豊洲の惨状をみると築地の改修も現実味を帯びてきたし、どうしてもオリンピックやるならとにかくミニマムでやってくれ。
  • バッハ会長との会談内容が反映していない案を提示するのは、相当完成された提案でない限り、相手に対する敬意を欠くと思う。競技場を分散する利益が見えない。













































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: