ホーム

記事一覧

RSS

犬や猫の劣悪な飼育規制へ ケージの大きさなど数値で

 犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を立ち上げる。ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の導入を目指す。

 欧州先進国では、犬や猫を飼育するために檻(おり、犬舎)やケージを使う場合、必要な広さを具体的な数値で定めているが日本にはそうした規制が一切ない。ペットショップやフードメーカーなどで作る団体の2016年調査では、繁殖のために飼育されている犬は国内に推定約23万匹。7割以上がケージで飼われている。

 環境省では、すでに有識者への…

※引用元:

犬や猫の劣悪な飼育規制へ ケージの大きさなど数値で:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBL4WTGJBLUTFL008.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 利益に都合の良い事は都合の良いとこだけすぐ真似実行。大切というか根底的な部分はおざなり。日本は本当に頭が悪い。
  • どこまでできるか分からないけど前進?優しいポコおじさんは運良く劣悪な環境から生還できた。他の子達にもチャンスを!
  • やっと今頃動き出した。ブリーダーや繁殖屋にもっと厳しい取り締まりや規約を設けて欲しい。知識のないバカ多い。
  • それより道端や公園で犬の糞の後始末しない飼い主への罰則(防止策も)をもっと強化してほしい。 禁固1週間くらいくらえばさすがに懲りるでしょ!?
  • これだけではなく出生届けと販売管理もきちんと行政に届出を義務付けて売れ残った命を守るべき!




















































関連記事

コメント

【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】

我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: