ホーム

記事一覧

RSS

災害時の車中泊、対策へ動く自治体 熊本地震では死者も


 災害時に車の中で寝泊まりする避難者の対応策を、防災計画に明記する自治体が増えている。朝日新聞が46道府県庁の所在市と政令指定市、東京23区の計74市区に書面で尋ねたところ、13市区が盛り込んでいた。半年前の熊本地震でも、車中泊に伴うエコノミークラス症候群による死亡事例があり、その後に対策を追加した自治体もある。全体の中ではまだ少数だが、検討中という市区もあり、徐々に広がりつつある。

 車中泊は災害のたびに課題になっている。今年4月の熊本地震では、車中泊の避難者らがエコノミークラス症候群を発症し、熊本県によると、うち1人が死亡した。今月21日に最大震度6弱を観測した鳥取県倉吉市でも、避難所の校庭に車中泊の車が並んだ。

 エコノミークラス症候群による車中泊の死亡例が知られたのは、2004年10月の新潟県中越地震からだ。74市区にアンケートした結果、11市区が昨年3月までに車中泊の対策を防災計画に盛り込んでいた。

<以下省略>

※引用元:

災害時の車中泊、対策へ動く自治体 熊本地震では死者も:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJB74G4DJB7UTIL01X.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • ※自動車会社はこれ、ちゃんと見てんの?自分とこの製品が、どう使われているのか。実態だろ?緊急時の家代わりに使われてんだよ。その場合に人が死ぬような作りにするんじゃないよ。
  • 対策に【柔軟にすごせる避難場所の設置】はないのか。車中泊は認知症や子ども、障害児、ペットのいる世帯などが、集団生活で迷惑かける、とやってる場合が多いでしょう?
  • 益城町では1万人以上が、熊本市では約4割の人が車中泊を経験した。水分の補給と適度な運動が不可欠。そして、安心して水を飲むためにも、仮設トイレの設置が急務だ。
  • こういう仕事こそ、支援金払ってでもNPO等に委託した方が効率的。医療関係者、公務員を使うのはコスト高すぎ!
  • 毎日1時間とか靴下を脱いで芝生や土に足裏をつける。血流が良くなります。自治体には是非取り組んでもらいたい。







































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: