ホーム

記事一覧

RSS

ジャガイモ食中毒、9割が学校菜園 「栽培法の周知を」


 ジャガイモの皮や芽に含まれる有毒成分による食中毒の9割が学校で起きていることが国立医薬品食品衛生研究所の調査でわかった。学校の菜園で十分な大きさまで育てずに食べたのが主な原因という。専門家は「正しい栽培法の周知が必要」と指摘する。

 ジャガイモの芽には、ソラニンなどの有毒成分があり、腹痛や吐き気をもたらす。生育不足や栽培中に日光が当たると皮も有毒になる。このため芽を間引いてイモの数を抑えて成長を促す「芽かき」や、日光に当たらないよう茎の周りに土を盛る「土寄せ」が必要になる。

 研究所の登田(とだ)美桜(みおう)主任研究官(食品衛生学)らが、国や自治体の公表資料を基に、1989年から2015年のジャガイモ食中毒を分析。98年以降、02年と08年を除く毎年発生し、計30件で718人が食中毒になっていた。ほとんどが小学校で、幼稚園や中学校なども一部あった。重症例はなかった。

<以下省略>

※引用元:

ジャガイモ食中毒、9割が学校菜園 「栽培法の周知を」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJBQ7DGSJBQULBJ00H.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 小学校の教育は全般的に見直したほうが良い。専門教師の増設と副担任の設置ぐらいはしないと、中途半端な知識で手を付けるからこうなる。
  • う~ん、若い先生達は、自身が子供の頃、育てた経験がないのか。ジャガイモは地下茎ゆえ種芋より上に新芋ができる。太らすにも、土被せるの常識では!? Reading:
  • そういえば 30年くらい前小学校のお楽しみ会で皆で育てたジャガイモたべたら下校時の同級生皆おえ~ってなった地獄絵図思い出したわ。
  • 日光が当たって緑になるとダメなので,土寄せは関係あると思ってましたが,イモを大きくする目的の芽かきが影響するとは思いませんでした。 栽培は簡単で楽しいですが。
  • 昭和はイチゴパックで水耕栽培が流行やったから。育たず腐るから、食べるまで行かなかっただけかと。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: