ホーム

記事一覧

RSS

インフレ知らず悲観的…物価2%、ゆとり世代が壁


 1990年代後半以降のデフレ下で育ってきた若者の消費がさえない。収入があっても貯蓄にお金を回しがちで、中高年が夢中になった自動車やステレオなど見向きもしない。日銀の物価2%目標のメドがいっこうに立たないのは、そんな「ゆとり世代」の冷めた物価観や消費行動が一因かもしれない。

 記者は1993年生まれの23歳。バブル経済もインフレも経験したことがない。物心ついたころには街中に100円ショップが立ち並び…

※引用元:

インフレ知らず悲観的…物価2%、ゆとり世代が壁 消費より貯蓄優先

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF24H0E_V21C16A0SHA000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • わざわざ目を通す程の価値も無い、団塊世代の老害が書いたような内容。とても20代の記者が書いたとは思えない。破綻した年金制度とも絡めて、”ゆとり世代”の現状をもう一度見直すべき。
  • この記事を書いた奴はとんでもないバカだな。 なんで人口も給料も少ない若年層がデフレの原因になるんだよ。 若者へ責任転嫁するなよ。
  • いかんとも言い難い。 根本的に経営者が労働者への給料・手当が昔より少なかったり、十分に貰える枠が少なくなったのもあるし 今は金を消費せずタダで手に入るものが多いってのもある。
  • 日経は所詮経団連の広報誌で、その論説は経団連の意思表示を確認する以上の価値はない、ってことを再確認。そもそもこの記者が実在してるのかすら疑わしいのだけど。
  • バカめ。大元は橋本政権時のデフレだよ。財務省主導の無能な経済政策の末路だろうが。マスゴミも経費が無くなる時代が来るまで首締め続けていくのかね?




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: