ホーム

記事一覧

RSS

「男性カップル」ラブホテル宿泊拒否、背景に「マイノリティの存在が迷惑」という発想

男性同士のカップルの宿泊を拒否したとして、大阪府池田保健所は10月下旬、池田市内にあるラブホテルに立ち入り調査して、行政指導をおこなった。

報道によると、このカップルが10月上旬、池田市のラブホテルを訪れたところ、「男性同士だから」という理由で宿泊を拒否されたため、池田保健所に相談していた。

旅館業法や府条例では、例外をのぞいては「宿泊を拒否できない」とされている。一方で、ネット上では「ホテルにも営業の自由があるのでは?」といった意見もあった。今回の宿泊拒否の法的ポイントについて、原島有史弁護士に聞いた。

「まず、形式的な話から入りますと、旅館業法は、ホテルなどの営業者は一定の場合を除いて『宿泊を拒んではならない』と規定しています。

そのため、客の宿泊申込みをホテル側が拒否できるのは、法の定める宿泊拒否理由に該当する場合に限られます。この中に『同性同士での利用』は挙げられていません。

<以下省略>

※引用元:

「男性カップル」ラブホテル宿泊拒否、背景に「マイノリティの存在が迷惑」という発想

https://www.bengo4.com/internet/n_5296/


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 男女問わず、同性愛者は気持ち悪いんで差別で結構。不快だし自重して。子孫繁栄が全てではないけどあからさまな価値観崩壊はNG。
  • 私の高校時代、文化祭の準備などで終電まで熱中した結果、男同士でラブホに泊まる奴は、年に数人は居たなぁ。
  • ラブホでエロビデオの無断撮影とか良くあるしな。断られたりして、嫌がらせの業務威力妨害じゃないの?面倒臭く絡めてさ!
  • 同性OKな店は思ったより多いので調べてから行って、どうぞ(体験談)同性嫌悪はあって当たり前くらいだし、多少(の享受)はね?
  • ゲームやカラオケがあり、風呂もあってベッドもある。サービスタイムなら数千円と、ビジホ料金以下で寝泊まりできるからな。




















































関連記事

コメント

【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】





我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫




コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: