ホーム

記事一覧

RSS

<国民投票>最低投票率が議題に 国会の憲法審査会


 国会の憲法審査会で、憲法改正案の賛否を問う国民投票に関して、「最低投票率制度」の導入が議題になる見通しになった。2007年5月の国民投票法成立時に、参院が同制度を検討する付帯決議を行ったが、その後、議論が進んでいなかった。国会は改憲項目の絞り込みと同時に、国民投票の仕組みを充実させる作業を求められる。

 憲法改正は衆参各院の3分の2以上の賛成で国会が発議し、国民投票で過半数の賛成を得れば実現する。

 最低投票率制度を設けると、国民投票が一定の投票率に達しなかった場合は不成立になる。低投票率だと結果の正当性が担保できないとして、国民投票法の参院審議の過程で民主(当時)、共産、社民党が制度導入を主張した。

 これに対し、自民党は(1)改憲反対勢力によるボイコット運動を誘発する(2)最低投票率を具体的に設定するのは困難--などを理由に反対した。衆院での付帯決議は見送られたが、参院は「憲法審査会で意義・是非について検討を加える」と決議した経緯がある。

<以下省略>

※引用元:

国民投票:最低投票率が議題に 国会の憲法審査会 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20161103/k00/00m/010/156000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 年老いた既得権者層は必ず自民党に投票するから、投票率が低いほど有利。とはいえ低投票率の原因は、民進党への不信が一番の原因なのだから仕方ない部分もある。
  • 住民投票など権力側がなるべく無視したい例では最低投票数規定があるのに、国民からというより安倍政権内の少数者が主導すると成立優先で規定なし。
  • 国民投票や選挙は投票率が高い方が問題だ。こういったものは、真に関心のある人だけが参加すべき。意識の低い連中の参加で投票率が上がるのはよろしくない。
  • 権力分立を弁えない、国会軽視も極まる農水大臣をそのままにして、憲法審査会を動かすなどとんでもないことです。ですが、仮に改憲を議論するなら重要論点。
  • こういう大切な案件は税金と一緒で強制にした方がいいと思う。自由を履き違えている奴等にはそれなりの強制力は必要である。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: