ホーム

記事一覧

RSS

「転勤」が今、制度疲労を起こしている 「活躍」できない妻たちから切実な声


 産休・育休を経験して、これから女性社員のロールモデル(お手本)にと期待されていた彼女を思わぬ壁が阻んだ。「夫の転勤」。涙をこぼして退職を申し出る姿に、係長(48)は、やるせない思いでいっぱいになった。

 彼女が働く福岡市の大手企業は、子育て中の社員を転勤対象から外している。だが、夫の勤め先にそうした配慮はなかった。

 夫を単身赴任で東京へ送り出し、働き続ける道を探ったが、周囲からのプレッシャーに耐えきれなくなった。「妻がついてくるのが当たり前」と考えている夫や義父母。子どもにも「何でお父さんと一緒じゃないの」と言われ、自分の身勝手で家族を犠牲にしているように思えてきた。結局、専業主婦の道を選んだ。

 変わらない制度と意識の壁。係長は「せっかく育てた人材を『転勤』によっ

<以下省略>

※引用元:

【生きる 働く 第14部】このままでいいの?転勤<上>妻の「活躍」 阻んだ壁は…

http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/286579


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 第14部】このままでいいの? 僕も転居を伴う転勤があるサラリーマンなので気持ちはよくわかる。旧来型のイメージ上の「ライフプラン」が立てづらいというか立てられないからね、本当に。
  • 一方的に転勤をさせられるくらいなら同業他社にすぐ転職できる。あるいは帯同した夫婦の片方もすぐに仕事が見つかるような雇用の流動性が大事だろうね。
  • 国や意識の高い企業が、女性の社会進出にいくら取り組んでも、夫の勤める企業が「転勤」を命じると、それが台無しになる。「転勤」命令は反社会的である。
  • 父は国家公務員で転勤が多かった。子供の立場では大変。地元の輪に入れずイジメのターゲット。でも転勤は癒着防止の意味も有る。
  • これ本当にそう。そのうち逆のバージョンもでてくると思う。企業が社員の住む場所まで支配するというのは時代錯誤。転勤無効の労働契約が普通になっていくのでは。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: