ホーム

記事一覧

RSS

欅坂46「ナチス風衣装」の世界的炎上、いったい何が問題なのか?(辻田 真佐憲)


日本の女性アイドルグループのコスチュームが世界的に物議を醸している。

「欅坂46」が、10月22日に横浜で行われたハロウィーンコンサートにおいて、ナチス・ドイツの軍服(制服)に似たコスチュームを着用。これがSNS上で問題視され、海外メディアにも波及し、31日、ついに米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」が謝罪を求める声明を出すにいたったのである。

これに対する対応は早かった。11月1日、「欅坂46」所属元の親会社であるソニー・ミュージックエンタテインメントはウェブ上で「認識不足」だったと謝罪し、プロデューサーの秋元康も「ありえない衣装」だったと同じく謝罪のコメントを発した。

〔PHOTO〕www.keyakizaka46.com

※引用元:

欅坂46「ナチス風衣装」の世界的炎上、いったい何が問題なのか?(辻田 真佐憲) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50128


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 今回の騒動は安易な商業主義に一石投じたけれど、炎上の成り行きも安易で未成熟さを感じる。 個人的には、ナチカルで留まる分には深刻な問題ではないけれど、詰めていくと政治利用へ発展していくリスクまで考えざるを得ない状況があるという事。
  • ……政治情勢の変化である。現在世界では排外主義が広がっている。日本でも、レイシストの集団がハーケンクロイツを掲げて街頭デモを行ったことがある。こうしたなかで、ナチズムの消費はもはやブラックジョークとしても成り立ちにくくなっている。
  • バランスのいい記事だと思う。直接的に表現を規制したいのではなく、それによって起こる影響のまずさから、お互い矛を収める落とし所に落ち着かせたという印象。悪者探しは事態の悪化にしかつながらない。
  • 「無理筋の批判は、かえって批判の矛先を鈍らせる。」 秋元康と聞くだけで頭に血が上って冷静な判断ができなくなるネトウヨ並の知性の人多い。
  • 一般的な「女性誌」表紙掲載されているモデルさんの表情(対・読者の目線上下)の変遷辿った研究なさっていらしたのはどなただったか。ナチズム連想されるスタイルしてて上目遣いだったらさらに不気味なような。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: