ホーム

記事一覧

RSS

「子どもが中に!」ジャングルジムから火の手 神宮外苑


 東京・明治神宮外苑で開かれていたロボットやオブジェなど現代アートの展示イベントで6日夕、木製の展示品が燃え、遊びに来ていた5歳の佐伯健仁(けんと)君が火に巻き込まれて死亡した。晩秋の休日が一転し、会場には消火作業にあたる人たちの大声が飛び交った。

 「子どもが中にいる!」。木製のジャングルジムから火が上がり、健仁君の父親とみられる男性が助けを求めて叫んだ。来場者によると、救急車や消防車を呼ぶ怒号がして、近くにいたスタッフらが消火器やバケツで消火にあたった。

 ジャングルジムのそばにいた男性(32)によると、あたりが急に赤くなり、振り返ると、すでに火柱が5~6メートル上がっていた。「最初はキャンプファイアか何かかと思った」。しかし、警備員やスタッフが慌ただしく走って行き、火事だとわかった。その後、黒い煙が出始め、10分ほどで救急車が到着したという。現場にいた30代の男性は「子どもが中にいると聞き、助けようとしたが火の手が強く、手が出せない状態だった」と話した。

<以下省略>

※引用元:

「子どもが中に!」ジャングルジムから火の手 神宮外苑:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJC66HL3JC6UTIL01H.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 出火前の画像を見るとやはりオガクズではなくカンナクズですよ。 大工の息子ですし、工業高校で木工も学んでたので気になる。 カンナクズは空気通るからよく燃える。
  • オブジェだかなんだか知らないが、おが屑は火薬なみに燃えやすいのは常識、照明の熱で発火? それを展示して子供を遊ばせるとは信じられない発想だ? 屋内ならさらに大惨事に?
  • 写真見たけど、あー、これ、普通に燃えるね。たき付けに裸電球かよ。デザイナーって裸電球の怖さを知らないんだな。
  • 事務局も酷い。>火災の後もイベントは続いていて、ある出展者の女性(30)は「事務局側からは口頭で『ボヤがあった』という説明しか受けなかった」と話した。
  • 高温になる投光器のそばにおがくず撒いたらそりゃ発火するよ! どおりで火の回りが早いはずだ。 タコ足配線だって危険だよ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: